お金の固定概念を捨てること。

ここ最近毎朝、毎晩寝る前はいろんな経営者や専門家のブログを読んだり、音声プラットフォームのアプリを使ってハンズフリーで情報を得たり(ベトナムのドン遅3Gでも問題なく起動できるのがスゴイ。)、時間があれば、可能な限り何かしらの情報を得られるようにしている。

その中でも特に、信用経済や仮想通貨など新しいものができてくる中で、「未来の経済・お金」というものについてすごく興味があり、

この1週間くらいはそのことについて集中的に勉強した。

基本的には、ブログやWEBサイトなどでの情報収集なのだが、

個人的にかなり分かりやすく、勉強になった本があるので、紹介しておきたい。


お金2.0 新しい経済のルールと生き方

こちらはTime bankを運営する経営者の方が書かれた本。これまでの「お金」の常識を根本から覆すものである。

扱っているテーマが理解されにくい新しい概念なのに関わらず、私が1週間で無造作に得てきた情報がうまくこの一冊に整理されており、未来の「お金」について今から学ぼうと思っている人にとってでも、すごく分かりやすい内容となっている。

内容としては、今まで重視されてきた「お金」というものに対する価値観の変化。資本主義が限界を迎え、価値主義へと変化すること。

また、これまで国が中心に立って運用してきた「法定通貨」の経済に対し、今度は企業など、個人レベルが通貨を発行し、独自の「経済」を様々な場所で個々に持つことができるようになって行く、という分散型の世界への移行。

これからの「経済」がどう変わっていくかを分かりやすく知ることができ、老若男女問わずおすすめしたい一冊である。

ちなみにこちらは書籍であるが、実は私が読んだブログなどの情報でも、内容は違えど、元々のベースとなる考え方は同じだったりする。

そして、共通のベースとなる考え方を理解すると、少々難しく書かれた専門的な情報であっても、だんだんとわかってくるものである。

なので、これから未来の経済について調べていきたいという方は、こういった分かりやすいものをまず読むのでもいいし、もしくは基本的な情報が書いてある記事をひらすら検索して量をこなしながら読んでいくのがいいと思う。

最後に、一週間ほどかけてさまざまな情報を得て感じたことがあるのでここで共有しておきたい。

まず、今いろいろなところで語られているこういった類の情報はとても先鋭的なものであり、ほとんどの成熟した世代の方々には理解しがたいものかもしれない。

ただ、思い出して欲しいのは今のインターネットがある生活というのは、一昔前まで、私たち20代が生まれる前はあり得なかったこと。

だけど、今はそれが当たり前になっている。

その変遷と同じように今度は今の「お金」のあり方が変わっていく。変わった先にはさまざまな新しいイノベーションが生まれ、今の生活にも影響を与えていく。

その勢いは止まらないし、私たちはそれに順応して生活スタイルを自然と変えていくだろう。

それを今理解しておくと、私のような若い人はこれからどんな就職先を選ぶのか、どういう働き方をするのか、どうやって暮らしていくのか、5年10年後を見据えた準備を事前に始めることができる。

情報が秒単位のスピードで飛び交う今を生きる人達にとって、周りの状況が自然と変わっていってから自分も変わっていくようでは、損をすることが増えるかもしれないということを、私たちは知っておいた方がいいのかもしれない。



返信を残す