リアルマネーと繋がるゲーム?【DAppsゲーム】

こんばんは、メガネのオンデーズ中谷です。

・今日はDAppsゲームがどういうものか

・DAppsゲームと、普通のAppゲームの違い

をできるだけシンプルに伝えたいと思います。

 

 

はい。実は私、ゲーム大好き人間です。

幼稚園の時からファミコンのゲームを触りはじめ、小学生1年生の頃は、1人もくもくと「ファイナルファンタジー10」や「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」をやり込んでいました。

小学生時に膨大にあった自由時間は、ほとんどこのゲーム達と過ごしたと言っても過言ではないです…。

 

・今までのネトゲは断然、非課金勢!           

 

さて、そんな私ですが、今までずっとやってこなかった分野のゲームが一つ。

それは、スマホやPCのネットゲームですね。

私が中学に入った頃には「テイルズウィーバー」等のPCネトゲが流行り、高校生や大学生になった頃には、みんなスマホゲームをするようになりました。

そこには課金勢と、無料でなんとかキャラクターを育てようとする非課金勢がいるのですが、私は断然「非課金勢」でした。

 

課金しない人の理由はズバリ。             

課金しない理由。

それは、小さい時から終わりのある「RPG」ばかりしていたため、なんせ終わりのない(ストーリーのない)ゲームに価値を見出せなかったからですね。

そして、その終わりのないゲームは、いずれ絶対飽きがくる。

飽きがくるゲームに、お金をつぎ込む必要ある?ということです。

しかもゲームの課金って結構シビアですよね、、少ない料金じゃいいアイテムが出ない。

「もう1,000円くらいガチャ使っちゃったけどまだ出ない、、今度は出るかもしれないから課金しよう。」なんて感じで結局課金スパイラルから抜け出せないみたいな、、。

パチンコと一緒の感覚じゃないの?とずっと思っていました。

あとは、課金しても、ゲームに吸い取られるだけで、ゲーム上では強くなったとしても、結局そのお金は戻ってこないんですよね。

課金しないと強くなれないけど、そのお金は二度と戻ってこない。。

これが大好きなFFシリーズだったら課金するかもしれないけど、無料で配信しているようなアプリゲームは、相当ハマらないと、課金はやらないです

 

・ブロックチェーン技術を用いた新しいアプリ、DAppsの登場。

 

ただ、最近すごいものが出始めていますね。

そう、DAppsというブロックチェーンで設計されているアプリのことです。

このDAppsは、今普通にみんなが使ってるApp(アプリ)にブロックチェーン技術を組み込んだアプリケーションのことです。

このDAppsの「基盤」 となっているものを、プラットフォームと言うのですが、これは私たちが普段使っている、アプリの動作元となるiOSやAndroidと同じものです。

これらもアプリの「基盤」、プラットフォームと呼ばれるものです。

※このDAppsについては、また詳しく書きたいと思います。

DAppsのプラットフォームには有名なもので「イーサリアム(Ethereum)」がありますね。

この「イーサリアム」という巨大なプラットフォームの中では法定通貨ではなく、独自の仮想通貨、「イーサ(ETH)」が使われています。

全ての取引がこの「イーサ」で行われます。

なので、あなたがもしイーサリアムのDappsを使いたい場合、まずは、どこかの取引所でイーサを手に入れる必要があるのです。

 

・DAppsゲームの登場。                 

 

DAppsには普通のアプリと同じで、いろんな種類があります。

そのいろんな種類のアプリの中に、ゲームアプリもあるのです。普通のアプリと同じ感じですね。

DAppsのゲームも、ブロックチェーン上にあるゲームのことなのですが、なんと普通のゲームとは違い、DAppsゲームはブロックチェーン技術でできています

なので、イーサリアムのDappsならETH、もしくはETHに変換することのできるゲーム独自のトークンでアイテムの売買ができます

(そして各ゲーム内の「トークン」は、そのDAppsが存在するプラットフォーム固有の仮想通貨に変換することができます。)

そして育てたキャラクター、武器、レベルなどをそのゲームで他のユーザーに売り払い、トークンをETHに変換し、そのETHを今度は違うDAppsで使うことができるのです!

 

・DAppsゲームのトークンは、最終的にリアルマネーに変換できる。                 

 

ここが今までのアプリ、そしてネットゲームと一番違う部分で、画期的な部分だと思います。

・DAppsで使っている仮想通貨を、ゲームに投入し、キャラクターなどを育てることができます。

・育てたキャラクターは、需要に合わせて高値で売ることができます。

・高値で売ることにより、当初より増えた仮想通貨は、リアルな法定通貨にも変換することが可能なのです。

こうなると、好きなゲームに課金して、飽きたらもうリアルマネーには戻せない、という悩みが解決されますね。

まさにイーサリアムはDAppsのプラットフォームとして巨大になりつつあります。

イーサリアム上のDAppsは特にゲーム系が増えていっているみたいです。

 

・DAppsの現状、問題点               

 

ただ問題点が1つ。

DAppsはブロックチェーン上にあるので、取引を承認されるまでは次のアクションが起こせません。

取引が承認されるのにだいたい1時間かかったりもしますね。

ポケモンのモンスターを捕まえる、というコマンドを押して、完了するまで1時間かかるイメージです。。

なので、今すぐ爆発的に皆んながやり始める、ということはないと思いますが、これも整備されれば解決されるだろうことなので、時間の問題ですね。

とにかく私は、今まで自分の趣味でしかなかったゲームが、リアルの世界とリンクしていくようで興奮が抑えられません!

ということで、これからはDApps利用料で必要となるイーサを買い増ししつつ、いろんなDAppsゲームに手を出して行きたいと思います。

そして、海外からイーサを買うのはなかなか大変なので、その辺の方法もレポートして行こうかなと思います!