都会喧騒のロマン派ジャズカフェ:CliChé Coffee (クリーシェ・カフェ)

こんにちは、オンデーズの中谷です。

だいたい休みの日は、新しいカフェを開拓し、数時間居座って(?)仕事をしたりブログを書いているのが趣味です。

今回はホーチミン1区、都会のど真ん中にある「CliChé Coffee」に来ました!

ホーチミンはカフェがたくさんありますが、お洒落ですでに有名なカフェというのは、だいたい混んでいるものです。

こないだ行ったチョコ工場カフェもオシャレなんですが、めちゃめちゃ混んでました。

(過去記事:ベトナムで見つけた、本物のチョコレート工場:Maison Marou (メゾン・マロウ)

私は混んでいても、大体イヤフォンをつけながら作業をするので問題ないのですが、やっぱり混んでいると、作業に丁度いい席に座れなかったり、コンセント争奪戦のような感じになってしまいます。

だから、本当はオシャレで、人があまりいなくて、家から近いカフェが一番理想。

そして今日は、そんな私のわがままに全て該当してしまうカフェに出会いました。。

 

Hẻm(路地)の中の隠れ家。ジャズカフェ「CliChé Coffee

 

CliChé Coffee

住所:20 Trần Cao Vân, Đa Kao, Quận 1, Hồ Chí Minh

営業時間:7:00AM ~ 22:30PM

 

Processed with VSCO with c1 preset

このカフェ、一番の魅力は「ジャズと昔の空き家」をテーマにしている、ということ。

まるで喧騒の中の隠れ家ですね。Hẻm(路地)の一番奥にひっそりとあります。

初めて来た人でも、なぜか懐かしい気持ちさせてくれるような佇まいですね。

 

IMG_7150

 

奥のカフェに行くまでにこんな可愛い壁画(?)アートが。オシャレすぎます。

中に入ってみるとこんな感じ。

 

Processed with VSCO with c1 preset

Processed with VSCO with c1 preset

めちゃめちゃ雰囲気いいですね。

昔のベトナムとフランス植民地時代の文化が融合したような浪漫な空間で、レトロアンプでBGMを流していたり、少し錆びた、レトロなラジオ、天秤、ミシン、メガホンのような懐かしい置物たちがたくさん飾られているのです。

カフェは2階建で、いたるところにジャズのピアノ譜が額縁に入れられ、飾られています。

特に、でっかいメガホン的なモニュメントがすごく洒落てる。アルミっぽい感じのテクスチャーがロマンを感じさせますね。

(ちなみに日本から取り寄せた急須が入り口に飾られており、購入できるそうですよ。)

 

Processed with VSCO with c1 preset

(2階ソファー席)

 

Processed with VSCO with c1 preset

(私の注文品:アロエとチアシードのスペシャルジュース)

 

…オシャレすぎる。

ちなみにここ、すっごく路地にあるし、あんまりネットにも載ってないので、外国人がほぼいません。

日曜日でも、私が来た13時くらいはベトナムカップル1組しかいませんでした。

  • 人が少ない
  • wifiめちゃ早い
  • コンセントの数多い
  • なんてって本格的なレトロアンプで繰り出されるジャズミュージック

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

…オシャレすぎる。笑

普段はイヤホンでガンガン作業用BGMをかけている私ですが、今回ばかりはイヤホンなどせず、アンプからの音楽が一番綺麗に聞こえる席を取って、優雅なカフェタイムを過ごしました。

ベトナムは心地いいオシャレなカフェってほんとに沢山存在するのですが、こんなに自分の好みと合うカフェは初めてかもしれません、感動。

家からセオム(バイタク)で3分 (料金にして50円)くらいなので通える距離。

うーん、新たな巣を見つけてしまった日曜の昼下がりです。

 

Processed with VSCO with c1 preset

(本棚とMacとチアシードと私。)

 

 

 

 

返信を残す