【注目記事】ベトナム人が見る日本の幻想について

こんばんは、オンデーズの中谷です。

私はベトナムに駐在してもうすぐ2年です。

来越してから日本人私一人だったため、スタッフ、その他社外でもたくさんのベトナム人の方に出会います。

むしろベトナム人の方としか話さないくらいの毎日です。

そこで感じるのは、ベトナム人の日本に対するイメージというのはすごく良いものだということ。

彼らの日本に対するイメージとはどういうものなのか。

  • 日本は先進国
  • 最先端の技術を持っている。
  • 日本人の仕事に対するスキルが高い
  • 日系企業は成功している
  • 何かベトナム企業とは違う特別なものがある。

ざっとこんな感じだと思います。。

彼らの日本に対するイメージは、今の時点ではとてもいいものなのです。

その理由は、ベトナムでは、「バイク=ホンダ」と言われるように、先人が苦労して作った『日本製品は高品質』、そしてそのブランド力から発生する『日本企業は成功している』というイメージがいまでも残っているからだと思います。

だけど、現状は変わりつつあります。

なぜベトナム人は日本に行くか。        

ベトナムには、本当にたくさん日本に留学したい人たちや、技能実習生になろうとしている人たちがいます。

でも、なぜそんなにも多いのか。

そこでまず、ベトナム人の多くの考えをここで共有したいと思います。

発展途上国ということもありますが、ベトナム人はとても家族を大事にします

働くこともほとんど家族のためです。ボーナスを貰っても、あまり自分にお金を使わない人が多いです。

外国から新しい知識を持ってきて、お金を誰よりも稼いで自分たちの家族を安心させたい、そういう気持ちがとても強い国なのです。

家族を養うことがまず第一だというのは、やはり田舎の方だとまだまだ収入が乏しいということ。

そして働かないと、誰も養ってくれない、国の保証もない、信用できる会社が少ない、低賃金なので、自分でビジネスをした方がより稼げる

そういった理由だと思います。

ベトナムにはまだまだ一攫千金を得られるチャンスがあります。

そのチャンスを逃さないためにも、自分自身の経験やスキルをあげる必要があるのです。

そして勝てるスキルを学ぶには、自分の国より発展した国の企業で、学ぶことがとても効率のいいことだと感じています。

特に、「日本に行くと何か大きいスキルが得られるんじゃないか」と考えるベトナム人が多いのです。

これは、ホンダやニコン、そしてTOSHIBAなど、先人が作り上げた日系企業の印象のおかげです。

あれだけ品質の良いものを作って、有名な企業がたくさんある日本。

そんな日本では、きっとベトナムにはない、学ぶべき成功要因があるのだろう。

そうみんなが思っているわけです。

だから、今たくさんのベトナム人は、借金してでも、日本に行きたいと思うのです。

日本でのベトナム人労働者への扱いとは?        

だけどどうでしょう?

実際彼らは日本で、ベトナムに持ち帰られる“何か”を得ることができているのでしょうか?

いや、現状は彼らが望んだものとは違うようです。

以下、実際に最近読んだネガティブなニュースや記事です。

ベトナム人留学生はなぜ技能実習生を調査したのか(6)不当な「家賃」と巧妙化する搾取、悪化する対日感情

「助けて下さい」技能実習生が”手紙”で日本政府に訴え、「時給400円」や「暴力」に泣き寝入りしない

最近はこういうニュースが多く、ベトナム社会でも取り上げられているくらいの問題になって来ています。

私はこういうニュースを見るたびにとても悲しい思いになります。

現実には、彼らの日本に来た本来の目的を理解して、win-winな関係で迎え入れる日本企業というのは、少ないのかもしれません。

ベトナム人と日本人の意識の溝             

日本ではどれだけの企業が先ほど述べたベトナム人の来日する本来の目的を理解しているのでしょうか?

技能実習生として日本に来たベトナム人は、自分たちのためのただの労働力の足しだと軽く考えている人が実は多いのではないしょうか

どれだけの人が、ベトナム人が日本に来た理由を本当に理解し、「本国に自分たちのスキルを持ち帰ってもらおう」そう思って彼らを迎え入れているんでしょうか?

実際の細かな実態は私にはわかりません。

だけど一つ言えることは、このままではベトナム人は日本を見限り私たち日本企業は彼らの信用をなくしてしまうということ。

この状況をどうにかしないと、せっかく先人が作り上げてくれた私たち日本のイメージは崩れ落ち、ベトナムのみならず、私たちはどんどん世界から疎外されていくと私は確信しています。

どう変わるべきか                  

日本で働いていた時は、わからなかったけど、ベトナムにきて気づいたこと。

それは、あまりにも日本にいる日本人には、他国の状況など考えられていないということ。

日本の企業にとって、発展途上国の労働者というのは、単にコスト削減の一環としてしか行われていない。

日本企業の偉いさんは、ベトナム人は基本的に自分より成功するとは全くもって考えていないのです。

搾取しても、別に痛い目には合わないと思っている。

だけど、世界を見るとどうでしょうか? 日本以外の国の製品、中国製品などは着実に力をつけて来ています。

世界に通用するビジネスを展開しているし、ベトナムだって頭の切れる実力者がたくさんいるのです。

今や日本の大企業というのは世界のグローバル企業にどんどん潰されて行き、世界で通用する企業というのは本当にごく僅かとなって来ています。

そろそろ日本最先端説、高品質神話が終わりを迎えるのです。

そういった状況もつゆ知らず、グローバルな視点から見たモラルもクソもないやり方を世界に露呈し続ける日本の企業文化というのは、見直すべきだと思います

これから本当に世界に通用する会社というのは、自国の文化(悪習)にこだわらない、そこを超えてグローバルな考えを持つ会社だと思います。

私は、日本人として、世界から、やっぱり日本の企業は最先端だね、すごいね、と思われるような状況になって欲しい。

そしてせっかく日本で何かを得ようとするベトナム人に、そういうグローバルな日本企業で、たくさんのスキルを得て、ベトナムに持ち帰って欲しいです。

そのためには、私たちはもっと、世界の自分たちの置かれている状況を考えないといけないですね。

変わるべきは、それは実習生を斡旋している仲介業者かもしれないですし、日本でベトナム人を迎え入れる日本企業かもしれません。

はたまた、日本人全体の考え方かもしれません。