【注目記事】新卒一年目の方々に伝えたいこと。

  1. 自分の「キャパ」を決めない。

  2. チャンスに誰よりも早く、飛びつく。

  3. 常に自分の基準、世界を持つ。

4月になりました。

今年も真新しいスーツを着て、これから始まる新しい未来へと奮起し入社する新卒社員たちが入社する時期でしょうか。

私も今から2年前、みんなと同じように自分の将来にワクワクし、これから自分がどう成長して行くのかを夢見ていた時期でもあります。

なんたって自分が人生で初めて正社員として働く、社会人になる瞬間ですからね。

これからは全く新しい世界が始まりますが、新卒の方には、自分の夢のために誰よりも早く成長していって欲しいです。

そして、働くことで人生が豊かになっていって欲しい。

働くことは人生の大半を占めるわけだから、その時間を価値のある物にして行って欲しいと思います。

今日は、私が実際に経験して大事だと感じた、社会人生活を価値のあるものにするコツを書いてみようと思います

新卒社員ということの「特権」について

まず前提として提言したいことがあります。

それは、新卒というのは「特権ポジションだ」ということです

会社はあなたの若さや、無限大の可能性に期待しています

だから最初はとにかくたくさん手をかけてくれるでしょう。

会社はあなた達がフレッシュな代わりに、社会で必要な会社の知識を教えていく必要があります。

いずれあなたが独り立ちできるように、将来会社のために貢献してくれるような人になってもらうように、とにかく集中教育するのです。

基本的な教育だけではありません。

もっとも大事なことは、あなたが「ケアされている」という事実

あなたは会社に助けを求めることが許される「特権」があるのです。

これはとても大事な新卒1年目の「特権」だとして、理解しておく必要があります。

どういうことか説明します。

例えばこの時期に何かミスをしたとしても、先輩は丁寧に指導してくれます。

何が悪かったのか、これからどう改善して行くのか。

あなたは自分のミスをミスだと気づくことができます。そして、そのミスをなくす方法を自動的に先輩から教えてもらうことができるのです。

これは新卒の「特権」です。

あなたは無垢で、まっさらのキャンパスなので、会社もあなたがまだ即戦力にはまだならないことを承知で採用しています。

即戦力よりも、会社の文化を深く理解してくれ、会社の未来を長期で作り上げて行ってくれるだろう、というポテンシャルのある社員を、育てて行くことが大切だと考えています。

だけど、これが中途採用だったりアルバイトからの正規採用だったとしたらどうでしょう?

そういった人たちには新卒と同じ「特権」はありません。

即戦力となるために、必要最低限の基礎知識を教えられ、あとは自分で会社のために働いてくれ。そういうスタンスです。

だから、ある種誰かが常に自分の行動を見てくれている、自分の成長をケアしてくれる新卒入社というのはあなたの「特権」であり、特に1年目はまさにそういった時期となるのです。

だけど忘れないでください。

新卒というのは「特権」ですが、生鮮食品のように腐るのは早い

もし1年2年経っても、あなたが一向に成長しない、独り立ちしない、そんなことがあれば、そこから会社はあなたを見放していきます。

会社に何も生み出さず、言われたことはただ淡々とやっているようでは、成長もしないし、当然会社に利益を増やしていかないので昇給もしません。ハッキリ言ってダメなのです。

あなたは言われた仕事しかできず、次第に会社からも見放される、そうすると仕事から生きがいはなくなって行きます。

人が人生の大半の時間を仕事に使い、何十年も仕事を頑張り続けられるのは、あなたが誰かに対し「価値」を生み出している、また誰かを喜ばせている、という貢献心が仕事で得られるからなのです。

言われたことだけをやり何も生み出さない状況では、貢献心は多く得られません。そうするとあなたの人生も楽しみが半減してしまうということ。

では、具体的にどうすれば、独り立ちでき、会社、そして社会に必要とされる人になれるのか。

成長し、人生の糧である貢献心を増やしていけるのか…。

全く貢献していなかった大学生時代

私は大学生ごろまでバイト以外では特に貢献心を得られる機会はありませんでした。

だから、自分自身に対しても、やれることは限られると思っていたし、無意識に自分の行動にキャパを作っていました

でも留学に行ってから考えが少しずつ変わって行きました。

自分が今はできないことでも、やりたいことをやっていれば、自分に生命力が付いてきます。その生命力に引っ張られるように周りがついて来て、今度は自分を助けてくれる

留学から、私は自分の行動を少しずつ変え始めました。

自分が今までやったことのなかった事でも、積極的に足を運んで参加してみたりしました。

キャラじゃないだろと思われるようなことも、自分でも向いてないだろう、そう思うようなことでも、興味があればやってみる。

どんな小さなことでも、それを繰り返しました。

そうすると、だんだん自分の周りには同じような人が集まってくるようになりました

やりたいことをやっている人。

ぶっ飛んでいる人。

凄く物知りで、いろんなことを教えてくれる人。

そうすると毎日が楽しくなりました。自分の考えの幅も広がったし、やりたいことや興味のあることがどんどん増えて行きました。

また、挑戦することで新しい知識を得ることもできるし、自分の成長につながるようになったのです。

私は気づきました。

私はもともと好奇心旺盛な性格なのに、今までたくさん挑戦をしてこなかったのは、自分で「キャパ」を無意識に決めていたからだ、と。

結局、自分のキャパ内でしか動いてこなかったから、興味の幅もあまりなく、世界は凄く狭かったのです。

自分の「キャパ」を決めないこと。というのは、自分の成長やとても重要だと、私はこの時に気づいたのです。

これは一番最初にのせた新卒3ヶ条のうち、1つ目の項目でもあります。

そして、3つの中で基盤となる、一番重要な項目だと確信しています。

私はこの「キャパ」を決めないことで、2、3の項目を信念として持つようになったし、もし「キャパ」を持っていたら、私は今の会社オンデーズに入社していませんでした。

なので、新卒の皆さんには、まずこの「キャパ」を決めないということは、しっかり心の中に留めておいてほしいです。

私の働く信念3つとは。

では、今度は少し実務的、具体的に3つの項目を説明したいと思います。

  1. 自分の「キャパ」を決めない。

先ほども説明しましたが、「キャパ」を決めると自分の成長のみならず、自分の興味の幅も狭めることになるので、絶対にしてはいけないことです。

「キャパ」を決めるとそこから先に進めません。肝に命じておきましょう。

もし新卒でまだ誰もやっていない仕事があるなら、真っ先にやりましょう。

「新卒」という「キャパ」は絶対に作らないでください。

まだ入社したばかり、最初だからまず今の仕事に慣れないと…なんて「慣れ」を言い訳にしないでください。

一生今の仕事からは進めないし、同じ仕事を長く続ければ続けるほど経験量の幅は狭まるので、成長しません。

あなたがやらないといけないことは、どんどん先輩がやっている仕事を自分からマスターしていくことです。

同期の進捗は全く気にしなくて大丈夫です。

「キャパ」は誰にも決められません。あなたにも、先輩にも決めることはできません。なぜなら「キャパ」というのは、自信の無さから滲み出た、自分を守るための幻想に過ぎないからです。

やってしまえば、どんな仕事でもできるようになるのです。

例えば、私はとにかく早く海外に行きたかったから、店舗の仕事を全てマスターすることを目標にしました。

その結果、私は入社前から、店長になるための条件である社内資格を持っていました。

入社時、私と同じ資格を持っている人は0人でした。

だけど、資格を持っていたのもあり (それだけじゃないですが)、入社後すぐに海外で働くことができました。

もし、周りを見て「キャパ」を決めていたら、私は資格もなく、さらに入社してこんなに早く海外で働くことはできませんでした。

    2.  チャンスに誰よりも早く、飛びつく。

それでは今度は、あなたが「キャパ」を捨てることができたと仮定します。

「キャパ」を捨てたあなたには、いたるところにチャンスが転がっている状態です。

それぞれのチャンスを、あなたは取捨選択し、自分の興味のあることに挑戦できます。

ちなみに、あなたがそれらのチャンスをパスするか、挑戦して物にするかは、あなた次第です。

だけど、1つ言いたいことは、一度「これだ!」とピンときたチャンスは、誰よりも早く手挙げて飛びつけ、ということです。

2番ではダメです。3番でもダメです。1番はじめに飛びついてきた人、にならなければなりません。

なんでも1番というのは覚えられるものだし、一番やる気が伝わります。

また、考えて考えてギリギリになって最後に手を挙げる人というのは、チャンスを掴めたとしても、結局仕事でも悩みに悩んでスムースに行かず停滞してしまう可能性が実はあったします。

会社的にも、何らかの仕事を任せる、となるとやはり強烈なやる気がないと、任せられません。

誰よりも早く飛びつく、というのは、あなたの熱意を最大限に伝えられる方法です。

悩んでいるうちに周りはチャンスを奪われ、気づいたら何も残っていない。社歴だけ長くなっている…なんて現実嫌ですよね。

できそうかどうか、本当に自分に合った仕事かどうか、そんなものはやる前から考えなくていいことです。

それよりも、少しでも興味があるなら、ぜひ一番最初に手を挙げてみることです。

       3. 常に自分の基準、世界を持つ。

会社には理念があります。働く社員の行動指針となるものですね。

だけど知っていて欲しいのは、会社は全てではないということです。

結局、あなたの全てはあなたなのです。あなたが会社の戦略や理念に共感できないなら、

働き方に疑問を感じるなら、まずは、先輩や上司に遠慮なく伝えましょう。

伝えた上で、もしあなたの会社への不満が改善されず、自分と合わないと判断したのなら、あなたは別の会社を考えなければなりません。

そうなった時に、入社の基準となるのは、あなたの希望の会社が上記で述べたようなあなたの考え方にマッチしているか、です。

もしあなたが独自の基準や、世界観を持ち合わせず、会社に言われた通り働き、自分でも意味のないと思うような仕事を、言いくるめられながら働いているのなら、とても危ないと感じてしまいます。

自分で気づかぬうちに、精神になんらかの歪みができてしまい、取り返しのつかない出来事だった起きてしまうかもしれないのです。

あなたが、自分の人生を価値のあるものにするためには、必ずあなた自身の人生の理念のようなものも、心の中で常に行動指針として入れておくことをお勧めします

まとめ                    

いかがでしたでしょうか。以上、私が新卒を経験して感じた3つの新入社員としての重要な心構えでした。

  • 自分の「キャパ」を決めない。

  • チャンスに誰よりも早く、飛びつく。

  • 常に自分の基準、世界を持つ。

会社は全てではなく、結局自分のおかれた状況をいかに理解し、どう利用して成長していくか、どう自分の人生を価値のあるものにするか、ということが全てだと思います。

新卒というのは無垢で、可能性に満ち溢れている時期です。

何があっても頑張れる黄金の時代なのです。

だからこそ、新卒の方にはこの成長チャンスを逃さないで欲しい。

自分のこれからの社会生活を意義のあるものにするために、今回の情報を役立ててくれたらなと思う今日この頃です。

コメントを残す