子供には習い事をさせよ。【人格形成のポイントはココにあり。】

小さい時って、親が子供に習い事行かせたりするけど、私もよく習いごとやってました。

最初は英会話、ピアノ、書道、そして公文。

それプラス、昔漫画家を目指していた父からは漫画を書く道具を与えられ、よく一緒にGペンで漫画を書いたりしていました。

また、休みの日には親に連れて行かれ、マラソン大会にも出ていました。

こんな感じで、私は比較的小さい頃からいろんなことに挑戦する機会があり、広く浅くいろんなことを経験させてもらってきました

そのおかげか、私は何かストレスが溜まった時や休みの日の暇な時、それらの時間を上手く解消する術をたくさん持っています。

英語が話せれば日本人以外とも団欒ができるし、休みの日もピアノでストレス発散できるし、書道や漫画絵を小さい時から描いていたので、絵を書いてSNSに上げてなんとなくアーティスチックなこともできます。

これらのクオリティはひとまず置いておいて、私には今沢山の選択肢があり、自分のアイデンティティを形成する特徴が数多く身についている気がしています。

 

習い事は人生の骨格になる。

これは私の持論だけど、幼少期の「習い事」はその人の人生の骨格になる。

小さい時は経験が少ないので、いわば真っ白な人間の状態です。

その真っ白なキャンパスに、最初に書き始める一筆は、そのキャンパス上で一層存在感を増しますよね。

それと同じで、人間も何も経験がない状態での中、最初に経験したことは、その人にとって人生最大の衝撃になり、そのままその人の価値観の基盤となります。

今でも、すごい映画に出会った時、今までにない経験をした時、

すごい衝撃的で、自分の価値観が変わってしまうこともありますよね?

その衝撃は、幼少期であればあるほど大きくなる、ということです。

だから、真っ白でなんの経験もしていない幼少期の段階で習い事をすると、その素晴らしさが、すごく特別なことに感じると思うんです。

 

 

幼少期のうちに習い事をたくさんさせること。

私は幼少期のうちの習い事することは、その人の人生を作ることだと思います。

習い事をすればするほど、多彩で挑戦深い人間になると思うんです。

人間は成長すればするほど、たくさんの経験をします。

経験すればするほど、後から来る経験はフラットなものになってしまいます。

心に刺さる、その人の人生にピンを刺すような経験は、しにくくなって行きます。

だから、成長して大人になってから何かに打ち込もうと思っても、それを熱狂的にやり続けるほど情熱はつかないですし、新しく何か始めようと思っても、大変です。

なぜなら、他にも楽しいことをたくさん経験しているから、それだけ集中して本気でやろうとは普通は思いません。

何か自分に強くやりたいことがない限りは。

大人になってから始めたことは、なかなか自分の骨格にはなりにくい。

幼いうちは全てが特別なのです。

だからこそ、幼少期に習い事など、何か打ち込めることを子供にはさせてみるのがいいんじゃないかと、私は思っています。

自分の子供ができたら、そう行った経験を絶対にさせてやろうとも思ってます。

 

 

今の「習い事」は超多彩!子供がプログラミングを学べる?

じゃあいざ子供に何を習わせようか。

実は、定番のピアノや水泳などだけでなく、ネットが進んでいる今でこそ、オンラインの今時習い事も増えてきているのです。

例えば、この「D-SCHOOL」では小学生からプログラミングが自宅で学べます。

ここではゲーム開発のコードを学び実際に開発するだけでなく、そのコースを英語を使って学ぶこともできます。

「英語×プログラミング」という、現代で学びたいこの2つの要素をなんとミックスさせて、サービスを展開しているそうです。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

これから大人でも何10万とかけてプログラミングを学ぶ人が増加している時代、始めるなら幼少期から!という人も少なくないんでしょう。

確かに、成長して大人になったときも役立ちそうな習い事ですね。

 

また、学研もオンラインの習い事サービスを実施しています。

楽しく続けて意欲を伸ばす【学研ゼミ】

学研ゼミ」なんと1サービス/500円〜受けられるそうです。

サービス内容は、プログラミング、数字や文字の勉強や、ドリルなど。

ちなみに子供学習向け書籍も月額500円から、600冊が読み放題だそうです。

 

今はオンラインで習い事ができちゃう時代です。

そしてそのコストも年々減少してきています。

だからこそ、従来の習い事+自宅でできる習い事、という組み合わせでより効率的に時間を使うことができますね。

自宅でできるようになれば、親の送り迎えなどの壁も解消。

便利な世の中になった今、活用できるものは子供に活用し経験させてやりたいものです。

 

コメントを残す