転職で成功する人の特徴!? 避けたい転職動機とは

こんばんは、カメレオン人間です。
いきなりですが、わたくし今週から新しい会社で働いております。
どういうことかというと…会社、やめました!!

転職先は日本の某広告会社の海外支部。

ちなみにジョブチェンジした理由は主に3つ。

 

  1. 前職での業務の中で、もっとダイナミックな規模のプロジェクトの中で仕事をしてみたかったから。
  2. BtoBの経験が、自分のキャリア構築の上で必要だから。
  3. 前職で、私が学びたいことはこれ以上無いと、見切りを付けられたから。

 

違う業種で、しかも日系企業への転職。

できるだけ早い段階で行わないと大手企業の中途採用では弾かれる!

そういった理由から、実は5月頃から転職活動を始めていました。

そして今私は、新しい転職先で非常にウキウキしながら仕事をしています。

さて、私が何故転職について記事にしたかですが…

それは、なんとなく転職してしまったり退職する人がこの世の中には多いと思ったからです。

そういった人たちが、転職とは何か、どういう心構えでいれば自分の満足する企業に転職できるのか、

そこらへんを、自分の経験を交え伝えたかったからです。

同僚が転職した、上司が転職した、そんなことは誰でも起こり得ることです。

でもそこで周りに流されないように、転職とは本来どういうものなのか、どうあるべきものなのか私の考えをシェアしていきます!

 

本記事の内容

  • 「成長できない」を転職理由にしない。
  • ストレスフルな会社からの転職について
  • 転職で成功するには、『プライド』を捨てよ!

 

アドバイス1.「成長できない」を転職理由にしない。

 

転職を決める際に注意があります。

「学べない、成長できない」を理由にしないでください。

 

これには理由があります。

まずは私の思う「学び」の本当の意味を述べておきます。

私は転職理由の3番目として、
「前職で、私が学びたいことはこれ以上無いと、見切りを付けられたから。
」と挙げました。

これだけ聞くと、なんだか会社のせいにしている、または受け身っぽく聞こえるでしょうか?

私は決して会社が何も与えてくれないと言っているのではありません。
証拠として、私は前職で全ての業務を、誰からも手取り足取り教えてもらったことはありません。

仕事をするに当たって、いちいち指示を誰かからもらったことなんて一度もありません。

でもその環境は、私にとって実に「学べる」環境だったし、自分自身を成長させる環境だったのです。

全ての仕事が学びの場でした。
人間関係を学び、取引先の人から社会人としての振る舞いを学び、失敗して人から助けを貰うことを学びました。
私は自分自身が置いたその時々のシチュエーション、そして責任を与えられたことが自分を大きく成長させたのだと思います。
それ自体が私が会社からもらった「学び」だったんです。

勘違いして欲しくないことがあります。

会社は社会人としてのスキルを在籍年数に応じて与えてくれる教育、ではありません。

私が転職を決めたのは、次に得たい「学び」は、別のステージでないと得られないと気づいたから。

新しい仕事にチャレンジする、というステップアップの段階に来たからです。

なんとなく今の仕事で『成長している気がしないから』転職をしたい!そう悩んでいる方は、この部分を一度洗ってみてください。
もしかしたらあなたの行動を変えるだけで、転職しなくても良くなるかもしれません。
むしろ、ここを勘違いしていたせいで、今の会社で本来得られる学びが得られていなかったと気づく事だってあります。

成長できないのは、実はあなたの行動のせいかもしれません。

本当に今の会社で得られる『学び』を吸収しきった!

そう確信が得られてから転職することを、強くおすすめします。

 

 

アドバイス2. ストレスフルな会社からの転職

 

では、『本当にストレスフルで今の会社から逃げ出したい、という理由の人は転職するべきでないのか?』

…っということでは勿論ないです!

 

本当に今の会社が嫌で、のまま続けていれば精神的に危ないという非常事態なら、いっそ今すぐ転職してしまった方が身の為です

逃げ出して自分が楽になれる仕事を探していきましょう。

精神的に危ないということは、

もし自分が本当ヤバイ状況なのか、ただ一時的な失敗等によるもので落ち込んでいるだけなのか、自分で判断できない場合は、一度病院に行ってみた方がいいです。

最近ではうつ病もれっきとした病気として、しっかり認知されてきています

迷わず病院に行き、診断してもらいましょう。

 

 

一番ダメなのは、

この仕事は合ってない、ストレスだから逃げたい!、と無意識に脳は感じているのに、

『自分は逃げてはいけない。』と我慢し勤務し続けることで、

結果我慢できず転職を決めても、自分の本来のやりたい仕事をしっかり見極めることができず、半ば駆け込み寺のようにてきとうな会社に転職し、結果同じ失敗を繰り返してしまうことです。

自分に正直に、何が嫌いなのか、何が好きなのか、どんな環境で仕事をしたいのか、転職希望先の会社は自分の志向と合っているのか…

しっかり転職前に把握しておくことが必要です。

 

 

 

 

転職で成功するには、『プライド』を捨てよ!

 

そこで大事なのは、変な体裁やプライドを捨てることです。

給与や役職、企業ブランドなどだけで判断してしまうと、コケてしまう可能性が高まります。

どんな会社でも、「自分の志向と性格に合致する会社」を優先する。

これが大事です。

プライドは自分の本来の特徴を殺してしまう場面があります。

そのことを深く知っておくことが必要です。

 

 

 

最後に

 

私は人生はずっと同じステージ上では終わらないと思ってます。

いずれはそのステージから脱出し、階段をのぼる時期が来る。

だけど階段を登った先はいつでも大変です。次のステージでは何が待っているか分かりませんし、試練が待ってます。

だけど、試練を重ねることで、自分の本当にやりたいことが見えて来ると思うんです。

慣れれば挑戦は簡単です。誰にも惑わされず、自分の決意が一番であると言い切れる勇気を持ってください。

私は全てのガッツある仲間を応援しています。

最悪のシナリオを作らないためにも、定期的に自分自身との対話をお勧めします。

 

 

// 今話題のプログラミングをサクッと学ぶならコチラ!//

返信を残す