ムキムキイケメン登場!最もセクシーでストイックな男性の頭の中を覗いてみた。※母性本能爆発回

 

※本記事は「本音」という部分をコンセプトにしているため、内容に関して不快に思う人がいるかもしれません。エンターテイメントだと思って見てくれる人のみどうぞ!

 

 

 

 

こんにちは、カメレオン人間です。

今日はホーチミンの色んな人に会ってゲスい本音を聞き出すゲス企画第2弾です!

(第一弾→大手IT企業に勤める若手2人に、結婚について突撃インタビューしてみた。【女性に求める事とは/ヤリマンが好き?】

今回もなかなかゲスくてアンチソーシャルな部分を聞けるのはないかと楽しみにしていた私なのですが…
なんといっても今回のインタビュイーはとってもヤバめ。女子には刺激がキツ過ぎる可能性ありです。

 

2018-11-27 23.20.57

本人インスタより @allan_fitness_jp10

 

超マッチョマンのAllanさん。今は大学を休学し、ベトナムでマッチョを極めている漢の中の漢、若干22歳!

ブログでも「ベトナムで1番マッチョなブロガー。」「カナダでの一年間の筋トレ留学で筋肉と英語スキルを身につけた後、今はベトナムで筋トレをしている。」との情報は得ていますが、詳細はいかに!?

Allanという名前は英語のようですが…、どういう経歴の持ち主なんでしょうか?!

一部始終をどうぞ!

 

 

カメレオン:今回はよろしくお願い致します!

実はインスタの筋肉だけ見て、どんなイカツイ人が来るんだと少しビビッてたのですが…めちゃめちゃ好青年な方で既にギャップ萌です。

Allanさん:実は第一弾を見てたので、めちゃめちゃ緊張して来ました..! 今日はなんでも聞いてください!

カメレオン:緊張しなくて大丈夫ですよ!

Allanさん:ありがとうございます! よろしくお願いします^^

 

 

筋トレを始めてモテモテに?

 

カメレオン:ではまずAllanさんといえば、その筋肉美だと思うんですが、いつ頃から付けだしたんですか?

Allanさん:筋トレをしだしたのは2年前からですね。カナダに留学に行っていた時からです

カメレオン:カナダにおられたんですね!

Allanさん:そうなんです。Allanっていう名前もその時に付けたイングリッシュネームなんですよ。

カメレオン:なるほどー! すっごいキラーフェイスではっきりした顔立ちだし、筋肉はすごいわで… ハーフだと勘違いされそうですね!

Allanさん:アハハハ、そんな事ないですよ。

カメレオン:筋肉すごすぎて目がいっちゃいます笑

Allanさん:ありがとうございます^^

でもカナダで筋トレする前はめっちゃめちゃ貧弱だったんですよ、細くて。ホラ、これ見てください。(写真を見せてくれました。)

 

 

(Allanさんツイッターより)

 

 

カメレオン:えー!!!今の漢らしいカラダからは想像できない…。別人のようですね。

なにか筋トレを始めるきっかけがあったんですか?

Allanさん:実はカナダであまりにも欧米女性にモテなくて…。そのショッキングな出来事が火種となって始めました笑

カメレオン:へー!(確かに第一弾の時にアメリカ滞在が長かったエリート男性も同じこと言ってたような…。)

Allanさんカナダ人って高身長だし鍛えるから身体大きくて、もう無敵なんですよ…。その中でなよっとして髪の毛も長くて女の子みたいな日本人男性は全く相手にされてません。

カメレオン:なるほど。欧米では女性も筋トレしていたりしますもんね。

Allanさん:そうなんです! そんな女性からしたら日本人なんて完全にゾーン外なんですよね。僕はある意味そのイメージに逆らいたくて、ガチガチに筋トレして、カナダ人女性からモテるようになろうと決心したんです

カメレオン:おふ。なんだかかっこいいですね… それで結果彼女はできたんですか??

Allanさん:それが言葉の問題もあって、英語ネイティブのカナダ人女性相手は難しかったです。それでもやっぱり見る目が変わるというか、男として見てくれるようになりました。あとは…、メキシコ出身の女性と付き合ったことはありましたね。

カメレオン:おー!!筋肉の成果が出てるじゃないですか!メキシコ人女性なんてボンキュッボンじゃないですか!男の夢ですよ!やばいですよ!

Allanさん:アハハハ、興奮してますね笑 たしかにスタイルはかなりボンって感じで、キレイなラインを持っておられました。笑

カメレオン:やばすぎぃ! ちなみに、その子とは今でも?

Allanさん:いえ、その子も留学生で、僕も英語をまだ勉強中でしたし、深いところまで思いを分かち合えず…、結果カナダを去る頃には別れてしまいました。

カメレオン:なるほど。言葉の問題はいくら外見を変えても難しいところがありますよね…。だけど筋肉を付けて男らしくなったことで、外国人女性のストライクゾーンに入ることができたのは、めちゃめちゃ大きい成果じゃないですか!

Allanさん:ありがとうございます!なのでもっと筋肉は付けていきたいですね。

カメレオン:いいですね!……私ももっと筋肉ガチガチになったAllanさんを拝みたいです…(ボソッ)

Allanさん:^^

 

 

(↓Allanさん式、外国人女性にモテる方法がかかれた記事!男性必見。)

カナダで日本人男性がモテる為にやるべきたった2つの事

 

 

筋肉は男の精神力の証

 

カメレオン:筋トレを始めたきっかけは「カナダ人にモテたい」というのが始まりだったとのことですが、他に筋トレから得た恩恵は何かありますか?

Allanさん:そうですね。僕一切悩みが無いんです。でもそれも、ストレスを全部筋トレで解消してるからなんじゃないかと思ってます

カメレオン:ストレスコントロールを筋トレで行っているんですね!

Allanさん:はい、まさに!あとは、自分の自制心をコントロールする、っていうのが男の美徳だと思ってて、筋トレを毎日することで自分の自制心、精神力を高めているイメージですかね。

カメレオン:なるほど!たしかに筋トレに毎日行くって、それだけで自分に厳しくストイックな男性なんだろうなって思っちゃいます。カッコいいです。

Allanさん:男性全員がってことはないと思うんですけど、やっぱり自分をしっかり持って何事もシビアに務めてる人ってかっこいいし、憧れるんですね。僕もそこを目指してるんです。

僕の中では、筋トレもその一つって感じですね!筋肉の有無はけっこう男性自身の精神力に比例してるんじゃないかと思ってます。

カメレオン:確かに所謂デキる男性に太っている人いないですよね

Allanさん:そうですよね。僕はぶくぶくに太った社長とかビジネスパーソンを仕事できると思っていません。自制心さえ効かせられない人に仕事を任せられないかなぁと思っちゃいます。

やっぱり自制心がある人は自信に溢れていて、エネルギッシュで健康的なんです。そういうストイックな男性はモテますよね、女性にも男性にも!

カメレオン:うんうん、太ってる重役のおじさんとか、夜中にポテチとかラーメンとか食べてるのが容易に想像できます。

Allanさん:はい。僕はそんなのは嫌かなぁ…。

カメレオン:素晴らしいです!(おふ、ゲスいところがねぇ。)

 

 

 

ベトナムでセフレを作る!?注意するべき1つのポイントとは

 

カメレオン:ではAllanさん、ここからお待ちかねの少し突っ込んだ事を聞いていきたいと思います。笑

今ティンダーとかやられてないんですか?

Allanさん:めっちゃやってますよ。

カメレオン:おふ。

Allanさん:会った人数は覚えていませんが、5月頃にベトナム来てから常に3人くらいはずっと連絡とってる感じです。最初ベトナムに来た頃はやりすぎて、職業ティンダーと自称していた程です笑

カメレオン:んー、まぁ職業ティンダーって言ってもいいくらいの筋肉ですけどね!笑

3人常時居るっていうのは…ずばりセフレってことでよろしいですか?

Allanさん:それは人によりますね^^ 夜の関係にはならずに、ご飯だけの人もいます。

カメレオン:なるほど…人によるってことは、ベトナムでは少なからず性にオープンな人もいるということですね。

Allanさん:少なからずいます。

カメレオンベトナム女性って付き合わずにはセックスしないイメージだったんですが、セフレっていう付き合い方も受け入れてくれるのは意外です…。

Allanさん:多くはないですよ。やっぱり結婚するまで処女を貫いてる人も日本と比べ多いと思います。

あとは「夜を共にする=恋人(私だけ)じゃないとダメ」っていう人もベトナムには沢山いる気がします。セフレという割り切った関係になってくれる人は珍しい部類ですね。

カメレオン:夜の関係までいっちゃうと、相手が本気になっちゃうこともあるってことですね。

Allanさん:はい。だから、そういう関係になるかもって時は、「付き合わないよ」ってはっきり言いますし、言った方がいいですね。「自分だけを見て」って相手がなっちゃうと、誤解が生まれてかなりこじれると思います笑

カメレオン:ベトナム女性は純粋な人が多いですからね…。私みたいにおおっぴろげにしてる人はマジで変態だと思われるんじゃないかな、ベトナム社会では笑

Allanさん:カメレオンさんみたいなオープンな女性もセクシーでいいと思いますけどね。

カメレオン:おふ///

Allanさん:アハハ^^

 

 

ティンダー以外に女性と出会う方法

 

Allanさん:実は最近ティンダーを使わず、直にナンパしたりもします。

カメレオン:お?!

Allanさん:実は僕日本人と接点がほとんどなくて、いつも韓国人グループと一緒にいまして…。ナンパの仕方はその韓国人の友人に教えてもらいました。

カメレオン:それは…! 詳しく聞いてもいいですか?

Allanさん:はい! 実はそんな難しいことではないんです。

例えば…、道端で写真撮ってる女の子たちがいたら、その写真にワザと写りにいきます。そこで「なんだこの人!?」って感じで相手を驚かせたところから会話を始めて、連絡先交換するだけです。これが一番気軽にはじめやすくて成功率の高いナンパ方法です。^^

カメレオン:さ、策士ですね…。しかもそれをスラッと微笑みながら説明してくれるAllanさんがカッコイイです笑

Allanさん:まー彼らに教えてもらうまで、ナンパなんて人生で一回もしたことなかったんですけどね笑

 

 

年下でも年上でも同じ!?恋人との仲を健康に保つ方法

 

カメレオンそういえばAllanさん、ナンパやティンダーで彼女は作られたことありますか?

Allanさん:いえ!実は今、彼女が日本にいるんです。

カメレオン:え!?まじですかい!

Allanさん:はい、カナダ時代に知り合った10歳年上の日本人女性とお付き合いしています!
付き合って9カ月くらいですね。

カメレオン10歳年上!?やばい!!

Allanさん:やばいですか?

カメレオン:年の差にびっくりしました笑

あと、彼女いてもティンダーはやっぱりやってるんだなぁと笑

Allanさんティンダーはセッ〇スパートナーです。女性にはなかなか理解できないと思うんですが、男性にとってはごく自然なことだと思います。彼女には内緒ですけどね!^^

カメレオン:まぁそれも裏の生活ってことで! 男性は皆やってるもんだと私も思ってますので大丈夫ですよ!笑

いやー…でも年上好きだとは。かなり胸アツです。Allanさん笑った顔も可愛いし、爽やかだし、絶対年上キラーだと思ってたんですよ。

Allanさん:ハハハ、キラーはやばいですね。笑 でも、僕自体が年上を選んじゃうんです。

カメレオン:タイプとかあるんですか?

Allanさん:少なくとも可愛い系よりも、大人な女性、キレイ系の女性が好みかもしれません。見た目以外では、性格も大人な落ち着いている感じが好きですね。

カメレオン:なるほど、包み込んでくれる女性が好きなんですね。

Allanさん:はいっ(照)

カメレオン:かわい

Allanさん:河合?

カメレオン:おっと危ない!…なんでもないです。

Allanさん:はい^^

カメレオン:ちなみに… こんな人は彼女にしたくないとか、好きが冷めるポイントとかあるんですか?

Allanさん:んーあんまりないんですが…

そうだなぁ、一つ嫌なのは、相手側からの愚痴が多くなっちゃうと冷めてしまうかもです。愚痴が嫌になってさよならしちゃうことも今まで実際ありました。成長志向のある前向きな人が好きなんですよね。

カメレオン:なるほど。ネガティブな感じにはなりたくないと!

Allanさん:はい。ネガティブだと仕事や他のことにもお互いに影響が出ちゃうと思っちゃうんです。女性は共感して欲しい人が多いから、本当は僕も愚痴も全部受け止められるような人ならいいんですけど。。

カメレオン:そこが女性と男性の付き合いが難しいところですよね。女性っておしゃべりでストレス発散する生き物ですからね…。

Allanさん:そうですね。結局その人の性格がどうこうじゃなく、男女の考え方の衝突の話になるので、恋愛ってやっぱり難しいなって思いますね男性側も女性側も、お互い譲歩できる関係が長続きする秘訣なんじゃないかと最近は思います。

カメレオン:うんうん。女性も男性も、異性が嫌がることがどんな事かを知っておく必要があるかもですね。

Allanさん男女の心理メカニズムっていうんでしょうか。そこが理解できてるカップルは長続きしやすい気がします!

カメレオン:そこでも自制心が出てきますね!

Allanさん:そうですね!相手が嫌だと思うことは自分がやりたくてもやらない。自制心があって相手を思い合ってれば、関係は良好になる。まさに僕の理想とする付き合い方だと思います。

カメレオン:いけめそ…(ボソッ)

Allanさん:IKEAメロン?

カメレオン:おぉっと危ない!……どうぞ気になさらず。

Allanさん:(プルルルルr)あ!ちょっと待ってください。一瞬電話出てもいいですか?

カメレオン:どうぞどうぞ!

Allanさん:すみません! ……あ、もしもし

カメレオン: ^^ (お?これはサービスタイムの予感……?  )

 

 

2018-11-27 22.46.19

電話を掛けようとするムキムキ池面(カメレオン視点)

 

 

 

 

 

2018-11-27 22.45.41

 

カメレオン:ん? <◉><◉>

 

 

 

 

 

IMG_3C791CFD0613-1

 

 

カメレオン:<<<◉>><<◉>>>

 

 

Allanさん:あ、電話終わりました!もう大丈夫です。

カメレオン:おっと。では続けましょうか。 (震声)

 

 

 

 

最後に

 

カメレオン:ではAllanさん、いよいよ最後の質問です。

… Allanさんにとって「筋肉」とは何でしょうか!?

Allanさん:僕にとっての「筋肉」、

それはずばり、男としてのアドバンテージですね。

カメレオン:おっ

Allanさん:男として生まれた以上、筋肉というのは一つのアドバンテージなんです。 顔、身長は変えれなくても、筋肉は変えられます。

カメレオン:うんうん!!

Allanさん筋肉を努力で磨く事で、人としても男としても魅力を出す。 そしてその魅力を引き出すために筋肉がある!   … これが僕の中の「筋肉」の在り方ですね。

カメレオン:ぃいただきました!!

…というか、なんだかその言葉を聞くと私も筋トレに興味が出て来ました…。

Allanさん:ほんとですか! ぜひぜひ。

カメレオン :手始めに格闘技でもやろうかなぁ! 変な男とか寄って来たら倒せるし…ボソッ

Allanさん:格闘技ですか、イイんじゃないですかね^^

カメレオン :(ツッコマレナい優しさ!!)

 

……  ということで、これで質問は以上になります。

インタビューは終了ですが、私もAllanさんに負けずに筋トレはじめようと思います。

今回は来ていただきありがとうございました!

Allanさん:ありがとうございました!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

私はこの後カポエラ、ムエタイと2週続けて運動をし始めましたが、次の日には全身骨折又は頭のおかしいペンギンのような歩き方になり、しばらく仕事ではカチカチおばさんと呼ばれていました…。

 

なお、Allanさんは公式ツイッター公式ブログをはじめ、インスタでは筋肉アカウント(正しくはフィットネスアカウント)もお持ちだそうです!

Allanさんのこれからの筋肉成長を見届けたい下心ありまくりのあなた!ぜひ上記リンクよりフォローお願いしますね!絶対に!

では第3弾もお楽しみに!!

 

ゲス味が強い第一弾はコチラ↓

大手IT企業に勤める若手2人に、結婚について突撃インタビューしてみた。【女性に求める事とは/ヤリマンが好き?】

ホーチミンに住んでいる方、インタビューを受け付けていますので、コチラのツイッターアカウントからメッセージどうぞ!

 

 

コメントを残す