『カフェオム』の謎を解明してみた。【ベトナム夜遊び ②】

 

 

皆さん、こんばんは!

はい、本日も懲りずに、ベトナムの夜遊びについて書きたいと思います。

 

そう…何を隠そう、

今回は超ドローカル、レベル99の難関遊び場です!!

 

その名も、『カフェオム』。

 

カフェはその名の通り「Cafe」、そしてオムはベトナム語で「抱く」という意味だそうです。

そのままやん…。

今回はこの暗黒世界の情報を(噂程度ですが…)、運よく手に入れることができたため、本記事でご紹介します!

 

 

 

<<注意!!>>

こちらはベトナム人や長くベトナムにいる外国人から噂で何度か聞いただけなので、あくまで『聞いた噂』でしかありません。

体験談ではないため、実際どうなのかはご想像にお任せします。

また、ベトナムの法律上やばい色たっぷりの案件になるので、実際に行くのはオススメしません。

行ってしまって起きたトラブルは、責任を負いませんのでご注意ください!

あくまで、「こんな世界があるんだな〜」と心に留めておくだけにしてください!

 

 

 

 

以上、OKな方は本編をどうぞ!

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

 

『カフェオム』とは?

 

皆さん、カフェオムを聞いたことはありますか?

私はベトナム人の友人などからこの噂話を聞くまで、なんだそれ状態でした。

噂に聞くと、一言で言えば、本番なしの日本でいう「ピ◯サ◯」とローカルカフェが合わさったようなものです。

基本的には、その名の通りコーヒー・ビールなどのドリンクが出され、プラス、 『大人サービス』が付く、という内容らしいのです。

 

 

 

どの辺にあるの?

 

他のサイトなどを調べたりしても、ほとんど出てきません。

ただ、聞いたことある話だったり、必死のググりで、8区のPham The Hienという通り(川沿い)に数件あるという情報が手に入りました。

本当にあるのか実際に確かめたい人は、この通りを歩き、『Cafe』と書いてる家を探してみてください。

※検索ワードは、「カフェオム」「ローカル」「川沿い」「8区」などで、少なからず情報は出てきます!

 

 

 

外観の特徴は?

 

『Cafe』と書いてあるのにドアが閉まっていたり、一見閉店しているように見える場所が、運営中のカフェオムだそうです。

ちなみに、ほぼ外国人は行かない場所です、というか同じ外国人で行ったことのある人というのは、直接聞いたことがありません。

 

ベトナム人の庶民の方達が住んでいる完全なる下町、住宅街、日本でいう団地のような雰囲気の場所にあるそうです。

見分け方としては、薄暗い感じで、ガラス張りのドアになっているのが特徴で、中が見えないように工夫してあるそう。

なんせベトナムではグレー風◯なので、カモフラージュされていることを忘れてはいけません。

 

 

 

サービス内容は?

 

値段的にはおおよそ500,000VND程度あれば、お触りの最終までお願いできるんだそう。

ちなみに、強者はそこから追加料金を払ってホテルに連れ込んだりが行われているらしいです。。(違法なので絶対に辞めてください!)

客層としては、若いベトナム人はほとんど利用せず、中年男性が行く場所です。

完全ローカルな暗黒地帯となるので、外国人が行くと悪目立ちすること間違いなし、と言ったおどろおどろしい感じがしますね…。

 

 

最後に

ベトナムではお触りすること自体法律に触れてる?レベルの案件らしく、カフェオムはそういった状況下で運営されている店です。

ですので、行く場合は、完全自己責任となりますので、あしからず。

 

しかし、あなたが「もっとカフェオムの情報が欲しい!」といった強者の場合でも、一次情報が極端に少ないため、そもそも自力で着くには根気がいるかもしれません。

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

 

【コチラの記事も人気です!:ベトナム合法夜遊び① 「DJカフェ」に行ってみた!<ローカル情報>

 

返信を残す