【16カ国目! 】トルコ国内旅オススメ冬ルートを、勝手に紹介。

こんばんは、カメレオン人間です。

前回に続き、今回もテト休暇中のトルコ旅行について書いていきます!

前回記事:トルコ旅行①:現地でしか食べられないトルコ料理を紹介【イスタンブール⇆ホーチミン】

 

トルコは国土が広く、アジアとヨーロッパに挟まれ、長い歴史を持つ国です。

ですから、それぞれの土地に違った観光地があるのも、トルコの特徴だと言えます。

そんなトルコでの旅の醍醐味として、国内の街や都市をバスや飛行機で移動し、旅をすることだと思います。

今回は、トルコ人の友人の情報を元に立てたカメレオン独自の旅ルートをご紹介したいと思います!

 

 

冬ルート?夏ルート?

トルコは日本と同じように季節がはっきり分かれている国です。

夏は暑く、冬は極寒。

私は冬真っ盛りの2月に訪れました。

そのためリゾート地は除き、冬でも楽しめる観光地巡り、『冬ルート』をトルコ人のオススメを元に作り出しました!

 

 

冬ルートの順路(4都市)

冬ルートとして私が訪れた都市は以下の4つです!

  • イスタンブール(トルコ第1の商業都市)
  • ブルサ(世界遺産の街ジュマルクズクがある都市)
  • イズミル(トルコ第3の都市。エーゲ海に面するリゾート地でもある。)
  • ギョレメ(岩遺跡群と気球で有名なカッパドキア)

 

(出展:Google Map)

 

これらは比較的外を歩き回ることが多い観光地です。

暑い夏より、寒い冬の方が汗もかかず快適に観光ができますね!

 

ちなみに、アンタルヤ やパムッカレなども観光地として有名ですが、これらは夏に訪れた方が水浴び系のアクティビティも充実しているそうです。

 

 

 

 

4都市回遊の交通手段は?

 

交通手段は、『長距離バス』を利用しました!

トルコはほとんどの都市に『オトガル(otogar)』というバスステーションが1つあります。

現地のトルコの方々はこうしたバスステーションから出るバスを利用し、様々な都市や街へ頻繁に移動するみたいですね。

ちなみに、トルコ でバスは重要な交通手段となっているので、価格も非常に安く、比較的どの都市にも行ける仕様になっています。

(この長距離バスの交通網は、日本より充実していると感じます。。)

Googleマップで『Otogar』と調べれば必ず出てきますので、移動の際はとりあえず『Otogar』に行けば、何かしらチケットを取れると思います。

 

ブルサ(Bursa)のオトガル

それぞれの都市の見所は?

 

①イスタンブール(istanbul)

 

イスタンブールは言わずと知れたトルコ 1の観光都市です。

郊外に出ずとも中心地に観光名所が集結しているため、街全体が見所と言えるでしょう。

特に綺麗だと思ったのが、やはりイスラム教のシンボルとも言えるモスク(トルコ語ではCamiと言います。)。

かなり壮大で、仏教圏では滅多に見れない神秘的な景色です。

特に夕方はオレンジ色の光でCamiiが影となり、後光がさしているかのように見え、めちゃくちゃ綺麗です。

 

 

②ブルサ(Bursa)

 

 

ブルサはトルコ第4の都市。

ちょうどイスタンブールとイズミルの中心にあるため、ついでに寄ることができます。

日本人にあまり知られていませんが、『ジュマルクズク(Cumalikizik)』という世界遺産があります。

街全体が古民家で溢れており、小さな小道は全て石レンガ。

本当にいい雰囲気を醸し出しています。

ちなみに、この街自体はそんなに広くないので、半日で回れる程度です。

私の場合、昼頃にブルサのオトガルに到着。

そこからジュマルクズクに向かい、 『Kahvalti』を食べた後、夜はブルサ市内に戻って夜ご飯を食べ、そのまま長距離バスでイズミルまで直行しました。

(ブルサでの夜ごはん情報はコチラ→トルコ旅行①:現地でしか食べられないトルコ料理を紹介【イスタンブール⇆ホーチミン】

 

 

③イズミル(izmir)

第3の都市イズミルは、エーゲ海に面した最もギリシャに近い海岸都市です。

ここでは肉料理がメインのトルコ料理の他に、シーバス・ムール貝のドルマ(詰めご飯)など、様々な海鮮料理も豊富に楽しめます。

 

 

エフェソス遺跡

 

イズミルの見所といえば、ズバリ世界遺産の『エフェソス遺跡(Efes)』でしょう。

個人的にカンボジアのアンコール遺跡群の次に大きいと感じた巨大遺跡でした。。

ローマ帝国時代に建設されたシアターの遺跡は、まさに圧巻です。

 

イズミルから遺跡までの行き方ですが、、

エフェソス遺跡までは、イズミルの『Otogar』、または中心地のバス会社支店(MetroやPamukkaleなど)に行けば手配してくれます。

ちなみにイズミルからは『セルチュク(Selcuk)』という街までのバスがあるので、そちらに乗ります。

セルチュクに着いたら、エフェソス遺跡までバス、タクシー、または徒歩で行くことになります。(遺跡までは3キロくらいです。)

私は徒歩で1時間かけて行きましたが。笑

 

 

エフェソス遺跡以外にも観光地ないの?

。。。っとそんな方には隠れた観光地をお教えします!

『アラチャトゥ(Alaçatı)』というギリシャ風の街です。

 

こちらも、エフェソス遺跡と同様、バスでイズミルから約1時間で訪れることができます。

アラチャトゥはイズミルより更にギリシャに近い場所に位置し、ギリシャの文化とミックスしたような可愛い建物が立ち並ぶ街です。

ちなみに、中国系のツアーには、ここも組み込まれているみたいです。

アラチャトゥは半日いれば十分だと思います。

ギリシャを感じたい方はぜひ訪れてみてください。

(ちなみにアラチャトゥで散歩をしていたところ、小学生っぽい少年から「KONNICHIWA!」と日本語で挨拶をもらいました笑。こんな小さい街でも日本語意外と浸透してんだなぁー。)

 

 

*『ベルガマ遺跡』という遺跡がイズミル近郊にありますが、今回は行きませんでしたので省きます。

 

 

④ギョレメ、カッパドキア(Göreme, Kapadokya)

 

ギョレメは岩の洞窟遺跡群カッパドキアに囲まれた観光街です。

一面の岩群に、無数の気球が浮かぶ神秘的な景色を見るために、世界中から観光客がやってきます。

他の都市からの長距離バスはネヴシェヒル(Nevşehir)という市のオトガルに到着します。

観光地のギョレメまでは、このオトガルからバスかタクシーで移動します。

カッパドキアの遺跡群へは、ギョレメ到着後にホテル、またはギョレメ内の観光オフィスでツアー予約をする必要があります。

初めてでも心配しないでください!

行けば必ず数種類の遺跡群・気球ツアーがありますので、付いたらパパッと予約しちゃいましょう。

 

 

どの都市が一番おすすめ?

正直訪れたこの4つの都市は、どれも印象的でした。

強いて言うなら、イズミルはもう一度訪れたいと思います。

というのも、イズミルは郊外に観光地が点在していますので、1日半で全て回るのは体力的にも難しかったので、夏にもう一度訪れて、海に入ったりもしてみたいですね。

 

カッパドキアも、夏の気球がある景色をもう一度見に行きたいです。

 

とはいえ、トルコはどの街もノスタルジーに溢れ、美しい国です。

どんな場所であれ、優雅なひと時を過ごせると思います。

今度はパムッカレやアンタルヤ 等を含めた夏ルートを組んで訪れたいと思います!

 

 

 

ちなみに、自分でスケジュールを組むのが不安な方は、

株式会社日本旅行の「赤い風船」や

エアトリ(旧DeNAトラベル)」など、海外ツアーを用意している有名な会社もあるみたいです!

自分にあった観光ルートを組んで見てくださいね!

 

前記事→トルコ旅行①:現地でしか食べられないトルコ料理を紹介【イスタンブール⇆ホーチミン】

 

返信を残す