紫外線が日本の◯倍!?ベトナム4年目間近、『髪』の治安を振り返る。

こんにちは、カメレオンです。

ベトナム在住4年目が近づく2019年5月現在。

 

いきなりですが、髪の毛の治安が最高に悪いです。

 

よく考えてみたら、仕方のないことだったのかもしれません。

ベトナムの紫外線量が日本より1.5から3倍ある事実も知りませんでしたし、外に出かける時も帽子はおろか、UVスプレー的なものも3年間全く付けていなかったんですよね。

おかげで、髪の日に当たる表面部分がパッサパサのチリッチリのOmg状態です…。

 

美容師の友人には、神妙な面持ちで髪の荒れ具合を指摘していただきましたし、今までどれだけ自分の髪の毛を労っていなかったか、、再確認。

20代後半として髪の毛をケアしていくことを決意し、友人のアドバイスをもらい、1ヶ月前に徹底ヘアケア作戦を開始することに!!

今回は、その作戦の内容と、1ヶ月経った今の状態をレポートしたいと思います!

 

*紹介する方法の効果は個人差があります。

 

では、よろしくお願いします!!

 

 

 

1. シャンプー・リンスー・ヘアトリートメント

 

まずは、シャンプー・リンスーを『ノンシリコン』のものに変えた方がいいといアドバイスを受けたので、近場のコスメショップでいかにも“オーガニック”なヘアケアシリーズを買ってまいりました!

 

IMG_1735

 

まずはシャンプー・コンディショナーです。

右からBIOLISSのノンシリコンシャンプー(日本で購入)、香港生まれのオーガニックシリーズBotaneco Gardenのコンディショナーとボディウォッシュです。

ここではできるだけオーガニック・ノンシリコンなど、髪に負担の少ないものを選びました。

しかし、これらは実は半年前くらいから使っていたんですよね。それでも髪のパサつきは抑えられませんでした。。

 

ということで、新たに購入したヘアケアグッズは・・・

 

 

IMG_1737.jpg

同じくBotanico Gardenの洗い流さないヘアートリートメントです!

髪のツヤが出てすごくいいだけでなく、香りもかなりフレッシュでいい匂いがします。

これはリピートもありです!

 

 

ちなみに上記3商品のBotanico Gardernはベトナムの美容ショップで買いました。

ショップ情報は下に紹介しておきますね。

 

Gardian Nguyen Thi Minh Khai

18C Nguyễn Thị Minh Khai, Đa Kao, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム

*美容系の商品の他に、美容ドリンク、輸入オートミールなども販売しており、結構なんでも揃います。

 

 

 

IMG_1736.jpg

 

そしてつい1週間前に日本に行った時に購入したAHALO BATTERのヘアマスク。

今までしっかりとしたトリートメントを、美容院に行ってやってもらってたのですが、この一本で十分足りる!といった感じの満足感です!

匂いも強すぎないふんわりとした香りが心地よいですね。

1週間に1回くらいの使用頻度なので、半年後日本に帰る時にでも買い足そうかと思います。

 

 

 

 

 

2. 髪の毛は、お風呂上がり10分以内に乾かす!

 

これはむしろ『常識だろ!』と怒られそうですが、ホーチミンは暑くてあまりドライヤーを使おうという気にならなくですね、、、

できるだけドライヤーを当てる時間を短縮するために、ある程度自然乾燥してから髪を乾かしていたんですよね。

でもやっぱり濡れた髪の毛を空気に触れさせることがダメージの元となるみたいで、、

シャワーから出たらしっかり髪の毛の水気を取り、10分洗い流さないトリートメントを浸透させてから、すぐドライヤーで乾かすことにしました。

 

 

 

 

3. フードとUVスプレーで徹底的な紫外線遮断!

 

次に、紫外線対策です。最初に書いた通り、ホーチミンでは紫外線が日本の数倍と云われいるため、この対策はこれ以上髪の治安を悪化させないための超重要処置とも言えるでしょう。

用意するものは、生地がしっかりしたフードパーカーと日本で買ったUVスプレー!

まず朝外に出かける前に、UVスプレーを満遍なく髪全体に振りかけます。

そしてその上から髪が一本足りとも日に当たらないよう、パーカーのフードを被ります。

オススメは、フードの隙間を無くすよう手で固定し、一切の紫外線を受け付けないこと!!

そして、サングラスをして目からの紫外線も防ぐということ!!

そうすると、もれなく痛まない髪と容姿のベトナミーズ化という2つのベネフィットを得ることができるでしょう・・・。

 

 

*これは曇りであっても行った方が良いらしいです!!

 

 

 

4. 日中は外に出ない!

 

そして最後に・・・。

これまさに究極の対処法!

そう、いっそのこと、紫外線が降り注ぐ日中には外出を控えるのがいいかもしれません。

夜の男・女になりましょう。

事実、ベトナム女性は日中あまり露出せず、夜に露出する人が増えるため、理にかなった遊び方をしているように思います。

私もこの1ヶ月、日中はほぼ家、もしくはカフェ。友人とはできるだけ夜にお外に出かけるようにすることに・・・!

 

 

 

 

1ヶ月経った今の状態

 

結論から言うと・・・

 

心持ちですが、髪の毛のもっちり加減が上昇したような感じがします!

日中ふと髪の先端を触った時に感じていたザラザラ感も、「あれ!?ザラザラしない!?」ってな印象。

もともと癖毛なのですが、髪が潤っているおかげか、いい感じに本来のカールが蘇っている感じです!

(前は痛みすぎてクルクルになる余力も無かった、、、。)

死んだ髪はもう生き返らないそうですが、そのあとの処置をきちんと続けて行けば、パサつきを抑えるくらいはできるのだと感動。

3年経って死んだ毛は、美容師の警告?でついに生まれ変わりました。。笑

これからは、この毛が伸びきっていつか切る時まで、一生いい関係を保っていけるよう、ケアしていこうと思います!

 

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

アトピー性皮膚炎の私が、東南アジアで実践していること3つ。

【5月〜10月版:使える雨具と対策】ベトナムは“雨季”って知ってた?

返信を残す