ベトナム合法夜遊び① 「DJカフェ」に行ってみた!<ローカル情報>

ガールズバーだけじゃない!ベトナムのディープな夜遊び「DJカフェ」とは!?

 

本記事の内容

  • 夜遊び場「DJカフェ」って?
  • 「DJカフェ」の場所
  • 「DJカフェ」で楽しめること

 

ベトナム在住3年目、カメレオン人間です。

前回のスペシャル記事(大手IT企業に勤める若手2人に、結婚について突撃インタビューしてみた。【女性に求める事とは】)でおなじみのSさん、そしてその友人・夜遊び研究員Kくんと、ベトナムの知る人ぞ知る夜遊び場、「DJカフェ」に行ってきました!

今回はその「DJカフェ」について、行った時の経験と楽しみ方をご紹介したいと思います!

 

 

 

1. 夜遊び場「DJカフェ」って?

DJカフェは一言で言うと、「お触りの無い、セクシーDJを思い存分、凝視できるボックスシアター。」です。

小さめの薄暗いクラブのDJステージでは、おっぱいが溢れ落ちそうな若くて綺麗なお姉様がDJをしており、部屋内では大量の椅子がステージ側向きに敷き詰められているんです。

(追記:教えてくれた先輩によれば、DJは実際にしておらず、フリだそうです・・笑)

その様子はまさに昭和の色◯映画館…。

場末感ベトナム感がいい感じにマッチするユニークな空間です。

お客さんの層は30歳後半〜60歳くらいまで。

ベトナム庶民のおじちゃん達のリラックス場所として、生活に定着した文化なのでしょうか、同伴の夜遊びマスターKくんが言うには、何故かいつも混み合っているそうです。

 

 

 

 

 

そんなローカルの夜遊び場「DJカフェ」を、外国人が体験するのはいたって簡単です。

 

まず店内に入ると、セクシーな女性ウェイターに空いている席を案内されます。

そして50,000~80,000VND程度のドリンクをオーダー。

イスに座り、

そこからは、ステージ上で胸部をゆらしているDJお姉様をただただ凝視します…!

ちなみにお金はぼったくられることもほぼありません

カフェの名の通り、コーラだけ頼んで出ることさえ可能です!

なんてお手軽な夜遊びなんでしょうか…。

 

ちなみに、キャバクラのように女の子は席には付きません。

ここは、皆んな煙草を吹かせながら、ただただ DJ ねぇちゃんを真顔で眺める遊び場所なのです……!

 

つまらんと思ったそこのアナタ!

はい、、確かに否定は出来ないのですが、

結構そのDJねぇちゃんが普通に綺麗なので、イチャイチャ出来なくとも十分目で楽しむことはできるんです!

露出度の高い服を着て小刻みに揺れてらっしゃるんですが、何故か(胸部から)目が離れません(笑)

なんかの宗教かなと思ってしまうくらい、時間を忘れて凝視し続けられるのです。

 

 

…ちなみに、ゲスインタビューでそのゲス闇の深さが露わとなったSくんですが、、

「こんなの何の刺激も無い!」

と、私の隣でずっとベトナム風◯の検索をしていました…。gkbr

 

 

ちなみにこのDJカフェ、営業時間も法律に則り22時に閉店します(笑)

かなり健全なので、挑戦へのハードルがかなり低いように思いますね!

 

 

 

2. 「DJカフェ」の場所

 

さぁ、「無言で巨乳 D J 姉さんを凝視する遊び」なのは、もう分かったかと思いますが、ここで重要カフェの住所についてご紹介します。

私が今回行ったのは、10区のVinh Vien通りにある、「Café DJ Xitrum」というDJカフェです。

 

店名:Café DJ Xitrum

住所:62 Vinh Vien, Phuong 2, Quan 10, HCM

 

ちなみにこの店の向かい側にも別のDJカフェがありましたし、

この通り以外にも、Go Vap区等でDJカフェが乱立しているようなので、興味のある方は、ぜひ思い出に行ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

3.「DJカフェ」で楽しめること

それでは私たちが感じた「DJカフェ」の楽しさについて経験からお伝えしようかと思います。

 

その1:安い値段で、クラブ気分を味わえる!

DJの名の通り、「DJカフェ」では基本的にクラブ音楽が大音量で流れて居ます。

普通のクラブと違う所は、おじさんばかりで誰も音楽に乗らないこと…。

踊りたくて堪らないパーティピーポーには少し物足りないかもしれませんが、大音量で音楽に乗る美人なお姉さんを見ながら、プチクラブ気分を、80,000VND(400円程度)で味わえるのはかなりコスパ良しでないでしょうか!?

 

その2:呼べば隣に座ってくれるお姉さん達!

キャバクラのようなイメージでは無いのですが、実は呼べばウェイターのお姉さんが横に座ってくれます。

ただ、大音量の中でゆっくり話せるわけでもなく、ただただ一緒に座ってステージを眺めるだけ…。

無言プレイ好きのツワモノは楽しめるでしょう。

ちなみに、私たちが行った時は他に中国人のお客さんがおり、彼らは積極的に女の子に話しかけていたため、女の子も楽しそうにお酒を飲んでいました。

ベトナム人のお客さんがクールすぎるのかもしれません…。

 

その3:カブらない話のネタになる!

今の所「DJカフェ」で調べても、そこまで沢山情報は出てきません。

まだまだ日本人が行ったことのない、未開の場所なのです!

だからこそ、今行けば間違いなく武勇伝になりそうです(笑)

「DJカフェいく?」でベトナムに遊びに来た友人に超ローカルな思い出を作ってもらうこともできますね!

 

 

ただし、ベトナムでは年々法律が厳しくなっているようで、あまりに目立つと、摘発されたりガサ入れが入ったり、規制が激しくなって来ているそうです。

そんな中、合法ギリギリ!?なこの夜遊び。

これが共産主義の限界か…と素直に思ってしまいましたが、間違いなくベトナムでしか味わえない貴重な経験ができると思いますので、ぜひ行って見てください!

 

 

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

 

 

 

 

実は簡単!? ベトナム→日本へ海外送金する方法 <Techcombank編>

 

前記事(ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。) に続き、今回はベトナムから日本の銀行へ海外送金する方法をご紹介したいと思います。

私はTechcombank、BIDV、Vietcombankの3つの銀行口座を持っているのですが、この3つの中で、実際に日本の自分の口座に送金したことがあるのはTechcombankのみです。

ちなみにベトナムでは海外送金はかなりハードルが高く、自分以外の個人への送金は様々な書類を揃える必要があったりそもそも不可能だったりと、かなり難しいです。

ですので、今回はベトナムの自分の口座から、日本の同名義の口座に送金する方法をご紹介したいと思います。

 

 

ベトナムに存在する企業で働く外国人ならば簡単!

 

海外送金する場合は、まず以下の物を揃えましょう。

 

  1. 日本の口座情報(銀行名、支店+口座番号、支店住所、スウィフトコード、英語での名義)
  2. ベトナムで勤めている企業の雇用契約書(ベトナム語)
  3. 労働許可証
  4. レジデンスカード
  5. パスポート
  6. Techcombankでの自分名義口座

 

この6つを揃えるだけで、ベトナムにある企業で働く日本人労働者は2〜3日営業日で送金が可能です。

私の場合ホーチミンのTechcombank Saigon支店を利用していたため、その場合は、

まず窓口に行き海外送金する旨伝える→ビル7階?のオフィスに案内される→担当者に上記書類を渡す。

でOKでした!

一回送金してしまえば、担当者が自分を覚えてくれるのと、送金記録が残るため次回からはスムーズに送金してくれます。(全額給料をドンで貰っていた時は3ヶ月に1回くらい送金してましたので、又来たのね!とスタッフのねーちゃんによく言われてました。)

又、口座情報に関しては、送金先口座の銀行がオフィシャルサイトで詳しく説明を記載しているので、そちらを見て確認しておきましょう。(特に支店口座番号の表記の仕方や、スウィフトコードは事前チェック必須です。)

++下記参照++

三菱UFJ銀行 – 外国送金受け取り(オフィシャルサイトより)

三井住友銀行 (オフィシャルサイトより)

みずほ銀行(オフィシャルサイトより)

 

なお、現金から海外送金するのは不可能ですので、Techcombankに口座を作り、そこからお金から送金してもらいましょう。

 

 

どうしても他人に送金したい!

 

自分の口座間以外に、海外送金をするのは基本的にハードルが高いです。

しかしどうしても送金したい場合。。。

海外送金代行サービスを利用するのも手なのです。

その中で信頼できて利用者の多いWestern Union という海外送金代行業者がいるので、ご紹介します。

Western Unionは世界中200地域で送金代行業を行なっている大手企業で、ベトナムでも支店がたくさんあります。(ちなみに、ホーチミンで送金に関し問い合わせしたところ、送金上限は500USDまでとのこと。)

毎回手数料が取られてしまい高くなりますが、500USD以上送金が必要な時は、何回かに分けて送金する必要があります。

又、ベトナムでは法外に金額上限なしで送金を代行しているアングラ系の会社も存在します。

それらはベトナム公式領収書であるレッドインボイスも基本的に発行出来ず、海外送金が厳しく取り締まられているベトナムで抜け道を使用して送金を代行しています。

そういうところは、子供の留学先であったり、海外に住む親族へそういった組織に委託して送金をしているベトナム人の方がおられるみたいです。

しかし、そういった会社は法外ですので、利用は絶対にやめてください。

そこで起こったトラブルについては一切保証出来ません。

 



(2018年12月情報)

この記事通りに送金を行い、起こったトラブルは自己責任でお願いします。

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

↓↓       その他人気のベトナム情報はコチラ ↓↓

過去記事:ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。<ローカルアプリ紹介まとめ>