【5月〜10月版:使える雨具と対策】ベトナムは“雨季”って知ってた?

こんばんは、カメレオンです!

観光に来る人は知らない人もいるかもしれません。

そう、ベトナムは5月から10月、雨季シーズンに入ります!

しかし、

雨季?ベトナムの雨季ってどんなやつなん? 梅雨?

と今思われた方の期待を裏切るほど、ベトナムの雨季は“激しめ”。日本とは違った雨シーズンとなっております!

まずは、これらのベトナム在住者ツイートを見てみてくださいませ。

 

 

 

 

 

これらのツイートは全てベトナム雨季の間の出来事です、、。

あー恐ろしい。

そう、ベトナムの雨季はほぼ毎日スコールが降り、時期によっては洪水級!になることも有。

気温は乾季よりかなり涼しくなるのですが、この気候パターンを知っておかないと、観光でエライ目にあっちゃうかも!?

今回は、そんな雨季のベトナムで楽しく快適に観光ができる極意を、在住者の視点からご紹介してみたいと思います!!

 

 

1. 【服装篇】必需品は、頭から靴まで覆うカッパ!?

2. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

 

 

 

雨季シーズン(5月〜10月)に旅行予定の方へ

 

ご安心ください。

スコールが毎日降るといっても、四六時中雨が降っていつやむか分からない!!なんて感じではありません。

ベトナムのスコールは、降る時間帯がだいたーい決まってるんです。

 

 

1. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

 

ベトナムでスコールが降るのは、1日に数回のみ

だいたい昼過ぎ13時くらいから、17時くらいの間に1時間ほど降ります

そして、朝や夜はほとんど降っていないことが多いです!

 

私がオススメするのは、朝少し早く出て朝食を食堂やカフェで食べ、スコールが降る時間にランチを食べる。

そうすれば、スコールが止んだタイミングで外を歩き回ることができます。

天候ベースでスケジュールを決める。。

まさに戦略的で賢い旅の仕方かもしれません!

 

 

2. 【服装篇】必需品は、靴カッパ!?

 

まずは旅行の際に一番気になる服装から見てみましょう。

ベトナムの雨季は一日中雨が降っているわけではありません。

ですので大きい傘より、持ち運びが便利な折りたたみ傘を持って行くといいでしょう

観光中は歩くことが多いです。

次に、靴カッパ、または雨用の靴です。

ベトナムは排水溝がありません。道路も平坦ではなく、時折ボコボコになっている場所も多く見かけます。

そうすると、雨が降った分だけ道路の端やボコの部分に溜まります。

そういう水溜りを、車やバイクがビュンビュン走ります、スピードを緩めてくれる人はあまりいません。。

なので、服や靴が汚れないためにも、雨靴か靴カッパを使用することは一つの解決案と言えると思います。

*なお、筆者はめんどくさがりなので普通の靴でいつも出かけ、案の定べちょべちょになったりすることが多いです、が気にしてないです笑

 

 

 

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

ベトナム在住者でもたまに引っかかってしまうトラップ。。

それがベトナム路上の、悪魔の汚水シャワーです!!

ベトナムでは食堂や屋台が『歩道』で食器の洗い物をしていたりします。

そして平気で洗い物をした水や残り汁?が地面に捨てられております。。

そう言った汚いものは、スコールが降ると雨に溶け出し、雨が止んだ後も、歩道のタイルや道の凹みに溜まるんです。

そしてベトナムの歩道タイルは、かなりグラグラ。あまり綺麗に敷き詰められていないことが多々あります。

もしそんな事情を知らずに、不安定なタイルを踏んでしまったら!

そう…、タイルが水を弾いて、足に直撃するのです!!

こうなればもうゲンナリ。

この水が結構臭いんですよね、いろんなもの混ざってるので。

なので、歩道を歩くときはしっかり地面を見て、グラグラしているタイルを避けましょう!!

 

 

最後に:

以上、まさに到来し始めているベトナム雨季の観光知識情報でした!

在住者としては、ベトナム旅行に来ている人に、快適に楽しんでもらいたいと思い、この記事を書いてみました。

存分に準備していても、予期せぬスコールに見舞われることがあります。

そんな時でも、日本ではあまり経験できないことなので、まさに旅行の醍醐味として、受け取っていただけるといいかなぁとも思ったりします。

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

アトピー性皮膚炎の私が、東南アジアで実践していること3つ。

【16カ国目! 】トルコ国内旅オススメ冬ルートを、勝手に紹介。

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

こんにちは、カメレオンです。

アジアの国で暮らすといい事の一つ、それは、それなりの味の中華料理を、リーズナブルな価格でいただけ、レストランの数も多い!という事でしょう。

この記事では、そんな中華料理が食べられるホーチミン市内のお店をご紹介したいと思います!

 

 

 

本格上海料理!? Tân Hải Vân レストラン

 

8D333B7A-D017-4E1F-8FDB-21E7E633AFBB

 

Tan Hai Vanレストランは、上海料理がいただける中華料理レストラン。

(上海料理だけに限られているのかは定かではありませんが、メニューには”上海”の文字が書かれているメニューが結構ありました。)

中に入ると、大きな水槽にカニやエビなどの魚介類が入れられています。

比較的ホーチミン中心部にあり、ホテルが周りにたくさんあることから、客層は3分の1が東アジア圏の外国人でした。

料理自体は王道の中華!という感じ。餃子から、ピータンのお粥、牛肉や海鮮料理など、メニューは幅広く、充実しています。

15BA0319-5FC8-4877-95F1-2D852122E264

 

写真:エビ餃子と、軟骨の唐揚げ的な何か

 

料金は4〜5皿頼んで一人1500円程度です。ベトナムのレストランにしては少し高く、中級レストランといったところでしょうか。

訪れていたベトナム人客層も、しっかりとした服装で来店しており、特別な時に利用するレストラン感が出ていました。

 

 

https://www.foody.vn/ho-chi-minh/tan-hai-van?fbclid=IwAR36w8R3c_1TJkrsv9-Lo7Q2Dh22ue3xJI8nUccWDkMBiLXL26M4SxykpWw

住所:158 – 164 Nguyễn Trãi, Quận 1, TP. HCM

 

 

 

本格飲茶!San Fu Lou (サンフーロウ)

 

次は、ベトナム人にとっても人気。満席覚悟の広東飲茶レストランです!

私がベトナムに来て一番最初に、ベトナム人の同僚に連れて行ってもらった中華が、ここでした。

1区中心に位置していることから、外国人もベトナム人も訪れる、中級レストランです。

オフィスビルの一階に入っており、内装がオシャレなことはもちろん、働く人のチャイナドレス?的な制服もすっごく可愛くてグッド。

ちなみに、オーダーは飲茶スタイル!

最初にオーダー用紙を渡されます。

そして、注文したいメニューにチェックと個数を記入して行きます。

 

味は、シンガポールや台湾で飲茶をよく食べに言っていたのを思い出すほど、懐かしい味でした。

ベトナムローカライズはあまりされていないので、手軽に本格飲茶を楽しめるお店ですね。

 

https://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g293925-d7082831-Reviews-San_Fu_Lou_Cantonese_Kitchen-Ho_Chi_Minh_City.html

住所:AB Tower, 76 Lê Lai, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh

 

 

 

過去記事

【5月〜10月版:使える雨具と対策】ベトナムは“雨季”って知ってた?

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

【16カ国目! 】トルコ国内旅オススメ冬ルートを、勝手に紹介。

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

こんにちは、カメレオンです。

本日は、水タバコが吸える中東料理レストランに行ってきたので、レポートしたいと思います!

 

 

 

水タバコって?

 

水タバコ(シーシャと言われてます)は、イスラム圏で多く吸われているタバコの一種で、様々なフレーバーを選んで楽しむことができる、水蒸気タイプのタバコです。

通常の紙タバコと違い、約1時間ほど持続します。

炭で温めるタバコの葉には、シロップが加えれており、吸った時のほんのりとした甘さを、会話しながら嗜むのが醍醐味でしょう。

 

そんな水タバコ、日本では滅多に見かけませんが、実は東南アジアの若者の間で親しまれていたりするんです!

ベトナムホーチミンでも、外国人向けからローカルの店やクラブなど、様々な場所で提供されています。

タバコを吸わない人でも、水タバコはアルコールのようなノリでトライするベトナム人は私の周りにも結構多いです。

 

 

 

 

隠れ家的 レバノンレストランで水タバコ:Warda Shisha Lounge

 

 

今回行ったのは『

Warda Shisha Lounge

』という1区中心地に位置するレバノン料理のお店です!

 

IMG_1198

 

 

IMG_1199

ケバブや豆でできたフムスなど、様々な中東料理をいただくことができ、料理自体も大変楽しめます!

 

 

食事が終わった後は、いよいよ水タバコです!

 

IMG_1204

 

運ばれてきたのは、ココナッツが吸引機になっているユニークな水タバコでした。

(めちゃめちゃ暗いですが、左下のテーブルに乗っているのが水タバコです。。)

 

サイズは大・小選ぶことができ、二人なら小で十分でした。

フレーバーは今回はアップル。他にも選択肢はたくさんあるようで、二種類のミックスもできるそうです!

値段は、小サイズで360,000VNDほどで、1時間くらい吸っていられます。

 

 

 

 

感想:

正直、めちゃめちゃ雰囲気が良くて筆者的にはかなりGoodな評価です!

中心地からも近いですし、夜遅くまで空いているようです。

1区周辺に住んでいる方や旅行で宿泊している人には便利な立地で、おすすめできる場所ですね!

ただご飯が思ったより割高なので、ディナーは別で済ませた後に、水タバコだけ吸いにきてもいいかもしれません。

ちなみに、パソコン作業をしているお一人様も何名か見かけました。

ゆったりとした空間で一人作業したい方の穴場でもあるんですね!

今回は友人とでしたが、今度は一人でも行ってみようかなと思います。

 

Warda Shisha Lounge and Restaurant(レバノン料理)

71/7 Mac Thi Buoi Street, District 1, Ho Chi Minh City

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293925-d3398239-Reviews-Warda_Shisha_Lounge_and_Restaurant-Ho_Chi_Minh_City.html

 

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

ベトナムに住んで英語力が上がるのか。【海外就職の教科書シリーズ①】

実は簡単!? ベトナム→日本へ海外送金する方法 <Techcombank編>

『カフェオム』の謎を解明してみた。【ベトナム夜遊び ②】

ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。<ローカルアプリ紹介まとめ>

 

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

こんにちは、カメレオン人間です。

ベトナムのホーチミンに、在越者には有名なチェコ料理レストラン『HoaVien』があるのはご存知でしょうか?

チェコといいえばコクのあるチェコビールが有名ですね。

『HoaVien』では、なんとチェコビールを醸造しているため、自家製ビールを堪能することができるのです。

ビールがアレルギーながらも、クラフトビール好きのカメレオン。

今日は、そんな『HoaVien』をレポートしていきたいと思います。

 

 

まさに本格ビアホール in ベトナム

 

『HoaVien』店内はビール醸造用の大きな缶のようなものが置かれており、すっかりベトナム感が無くなったようです。

アンティークな家具と、オレンジ色の薄暗いライトが、チェコの伝統的なビアホールを連想させます。

レストランは3階建のようで、たくさんの席が設置されているようでした。

 

チェコ料理の味はベトナム風

 

まずはじめに頼んだはロシアンサラダ、というもの。

実際はポテトサラダでした。

 

 

次に、羊をレモングラスで蒸した?もの。

これはチェコ料理というか、完全ベトナムの味付けでした。

 

最後に、羊肉の骨つきグリル?みたいなもの。

 

これがかなり美味しかったです。

(食べる前に写真を撮り忘れたので、1本だけです。。)

 

全体的にベトナム人が好みそうな甘酸っぱい味付けなイメージでした。

もしかしたら、ベトナム人に合わせてローカライズしているのかもしれません。

(レモングラスの匂いと味は、まさにベトナム料理でした…。)

チェコで本場のチェコ料理を食べたことのある身としては、何か物足りないきがしたのは残念です。。

 

 

値段は高め!

4品ほど頼んだのですが、どれも100,000VND〜200,000VND程度。

さらに羊肉の骨つきグリル?みたいなものは3本で500,000VND超え。。

二人で行ってビールを一杯ずつ頼んで、一人合計600,000NVD(3000円)くらいでした。

(ベトナムではビールを含む食事でも、200,000VND程度でいただけます。)

全体的に料理の値段は高かったです。

来た料理も美味しいのは美味しいのですが、なんちゃってチェコ料理な気もしないでもないし、コストに見合ってないかな。というストレートな感想ですね。

ただし、ビールはめちゃくちゃ美味しかったです。

私はアルコールアレルギーなので、発泡酒など量販店で買えるビールですとアトピー発症しちゃうのですが、ここの自家製チェコビールは、アレルギーが出ませんでした。

予算があって、自家製ビールを少ない料理で楽しみたい方にはいいと思います。

 

レストラン:Hoa Viên Brauhaus

Official WEBページ:https://www.hoavien.vn/

住所:18 bis/28 Nguyen Thi Minh Khai, Dakao Ward, Dist.1, HCMC, Vietnam

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

ベトナムでアパートを借りる方法!【解説:種類別メリット・デメリット】

こんばんは、カメレオン人間です。

今回は、ベトナムで2年半住み、2回の引越しをしてきた私が、『ベトナムでアパートを借りる方法』を説明していきたいと思います!

※本記事に書いてる内容以外にも、様々な借り方はありますが、私の経験から得た情報を今回は書いていきます。

 

 

アパートの見つけ方

 

1. FBなどのネットで検索する オススメ度:★★★★☆

 

私が一番オススメする方法です。

そして、今住んでいるサービスアパート、それがまさにこの『ネット』で見つけた掘り出し物物件なのです。

当然ここから見つけた物件の交渉に、仲介人はいませんので、仲介料もかかりません。

直接やり取りすればOK。家賃の前払いなども、大家さんによってはかなり融通を利かせてくれることがあります。

 

アパート賃貸募集の掲示板(日本語):

https://kaigai-bbs.com/vnm/sgn/thread/rent/

アパート賃貸募集の掲示板(英語):

https://vietnam.craigslist.org/search/roo?lang=en&cc=us

 

 

ただ、注意点があります。

 

  1. 英語でのやり取りが億劫でないこと。
  2. 相手の言う通りにならないこと。(家賃相場を知り、不当なことが起きれば交渉できること。)

の2つです。

ネットでは日本人だけでなく、ベトナム人をはじめ様々な国籍の方がアパート賃貸募集をかけています。

そんな中、日本語を話せる大家さんだけに絞ってしまうと、選択肢の幅が狭まります。

もし困難でなければ、英語でやりとりでき、必要な時に英語で交渉できる人なら、この方法で好条件の物件を確保できる確率が上がると思います。

 

ちなみに私はWEBから、月250USD程度(水道代込)のサービスアパートを見つけ、実際に今でも住んでいます。

場所は1区のNguyen Thi Minh Khai通り。日本人街であるLe Thanh Tonからも徒歩15分程度で超便利なのです!!

ネットで見つける。。あなたが英語ができて強気の対応もできるなら、超お勧めです!!

 

 

2. 紹介してもらう オススメ度:★★★☆☆

 

あなたが現地に友達がいる場合、この方法もおすすめです。

特に日本人の友達で、安くていい場所に住んでいるなら、そのアパートで空き部屋が無いか聞いてみましょう。

メリットとしては、

日本人だとマージンを取ろうという人はいないと思うので、同じくらいの値段で借りれることだと思います。

また、友人の紹介の場合は、すでにその人、またはその人の友達が住んだことがあるのかが鍵となります。

もしそうであれば、その人たちが最高の事前情報源になるので、比較的当たりを引きやすいです。

デメリットとしては、

1. 紹介の場合は相手がマージンを取っている場合が少なからずある、ということと、

2. アパートの選択肢が狭まる、

ということです。

 

手数料なしで色んな選択肢の中から借りたい!!

そんな方は、ネットの掲示板などで探すのが一番お得になると言えるかもしれません。

 

 

3. 不動産業者を利用する オススメ度:★★☆☆☆

 

日系の不動産業者から紹介してもらう方法は、ベトナムが初めてで、英語が話せない場合は、一番楽な方法だと思います。

実際に、ベトナムにはたくさん日本人向けの日系不動産業者が存在しています。

(日本語で検索すれば出て来るので、ここでは書きませんが。。)

 

しかし、ここでいくつか利用にあたる注意点があります。

以下に箇条書きしておきます。

1. 月額が相場の2倍になる。

一番初めのアパートは、日系不動産業者を通して、キッチンバスタブ付きのスタジオアパートを、500USDちょいで借りました。

しかし後日、同じアパートの住居者に聞いたところ、300USDあたりで借りていることが分かりました…。

当たり前ですが、大学卒業したてだった私にとって、200USDはかなりデカかった記憶があります。

 

2. 500USD以下のサービスアパートが少ない。

ベトナムでは250USD程度でも、クリーニングサービス付きのサービスアパートが借りれます。

ですが、日系不動産業者を通すと、当然マージンが掛けられるのと、日系なので値段は高くなります。

結果、500USD以下のサービスアパートメントを、ホーチミン中心地付近で探すのは至難の技かもしれません。

 

以上の理由から、日系不動産業者は極力使わないのが良いと、私は思います。

 

 

以上、ベトナムでアパートを見つける方法でした。

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、好条件の物件を探して見てください!

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

 

↓↓       その他人気のベトナム情報はコチラ ↓↓

ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。<ローカルアプリ紹介まとめ>

実は簡単!? ベトナム→日本へ海外送金する方法 <在越者必見!>

 

 

『カフェオム』の謎を解明してみた。【ベトナム夜遊び ②】

 

 

皆さん、こんばんは!

はい、本日も懲りずに、ベトナムの夜遊びについて書きたいと思います。

 

そう…何を隠そう、

今回は超ドローカル、レベル99の難関遊び場です!!

 

その名も、『カフェオム』。

 

カフェはその名の通り「Cafe」、そしてオムはベトナム語で「抱く」という意味だそうです。

そのままやん…。

今回はこの暗黒世界の情報を(噂程度ですが…)、運よく手に入れることができたため、本記事でご紹介します!

 

 

 

<<注意!!>>

こちらはベトナム人や長くベトナムにいる外国人から噂で何度か聞いただけなので、あくまで『聞いた噂』でしかありません。

体験談ではないため、実際どうなのかはご想像にお任せします。

また、ベトナムの法律上やばい色たっぷりの案件になるので、実際に行くのはオススメしません。

行ってしまって起きたトラブルは、責任を負いませんのでご注意ください!

あくまで、「こんな世界があるんだな〜」と心に留めておくだけにしてください!

 

 

 

 

以上、OKな方は本編をどうぞ!

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

 

『カフェオム』とは?

 

皆さん、カフェオムを聞いたことはありますか?

私はベトナム人の友人などからこの噂話を聞くまで、なんだそれ状態でした。

噂に聞くと、一言で言えば、本番なしの日本でいう「ピ◯サ◯」とローカルカフェが合わさったようなものです。

基本的には、その名の通りコーヒー・ビールなどのドリンクが出され、プラス、 『大人サービス』が付く、という内容らしいのです。

 

 

 

どの辺にあるの?

 

他のサイトなどを調べたりしても、ほとんど出てきません。

ただ、聞いたことある話だったり、必死のググりで、8区のPham The Hienという通り(川沿い)に数件あるという情報が手に入りました。

本当にあるのか実際に確かめたい人は、この通りを歩き、『Cafe』と書いてる家を探してみてください。

※検索ワードは、「カフェオム」「ローカル」「川沿い」「8区」などで、少なからず情報は出てきます!

 

 

 

外観の特徴は?

 

『Cafe』と書いてあるのにドアが閉まっていたり、一見閉店しているように見える場所が、運営中のカフェオムだそうです。

ちなみに、ほぼ外国人は行かない場所です、というか同じ外国人で行ったことのある人というのは、直接聞いたことがありません。

 

ベトナム人の庶民の方達が住んでいる完全なる下町、住宅街、日本でいう団地のような雰囲気の場所にあるそうです。

見分け方としては、薄暗い感じで、ガラス張りのドアになっているのが特徴で、中が見えないように工夫してあるそう。

なんせベトナムではグレー風◯なので、カモフラージュされていることを忘れてはいけません。

 

 

 

サービス内容は?

 

値段的にはおおよそ500,000VND程度あれば、お触りの最終までお願いできるんだそう。

ちなみに、強者はそこから追加料金を払ってホテルに連れ込んだりが行われているらしいです。。(違法なので絶対に辞めてください!)

客層としては、若いベトナム人はほとんど利用せず、中年男性が行く場所です。

完全ローカルな暗黒地帯となるので、外国人が行くと悪目立ちすること間違いなし、と言ったおどろおどろしい感じがしますね…。

 

 

最後に

ベトナムではお触りすること自体法律に触れてる?レベルの案件らしく、カフェオムはそういった状況下で運営されている店です。

ですので、行く場合は、完全自己責任となりますので、あしからず。

 

しかし、あなたが「もっとカフェオムの情報が欲しい!」といった強者の場合でも、一次情報が極端に少ないため、そもそも自力で着くには根気がいるかもしれません。

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

 

【コチラの記事も人気です!:ベトナム合法夜遊び① 「DJカフェ」に行ってみた!<ローカル情報>

 

ホーチミン、若者クリエイターが凄い。【ファッションマーケットに行ってみた!】

こんにちは、中谷です。

今日は休みなのですが、たまーによくやること。

それは、若者の生態を追いかけることです。

あんまり10代20代前半のベトナム人たちと話す機会がないので、あんまり彼らの行動パターンとかが分からないんですよね。。

でもそんな今の若い人たちの層がベトナムではすごく厚いし、彼からこれからベトナムの新しい時代を作ってくわけだから、しっかり彼らから学ばないとダメ。

ということで、今日は若者が集まるところに足を踏み入れてきました!

 

アンダーグラウンドのお洒落ファッションマーケット!

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

PLAY GROUND

しばらく見ないうちに新しいマーケットができていたみたいです。

VINCOM CENTERのH&M側のエントランスのすぐ真ん前にあるので、見つけやすい!

若者ファッション系(原宿的な感じ)のおしゃれマーケットで、中は少しの外国人と、あとはほとんど大学生?のような若い人たちがショッピングを楽しんでてびっくり。

値段は大体2000円くらいあれば2着〜3着買えちゃう安さ。

ベトナムで作ってる服が多そうでした。

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

眼鏡屋もある笑

大体500円くらいです。

学生が集まるようなこういうファッション性のある店がたくさんありました。

店主も20代前半が多いんじゃないかな。

 

隣にもおしゃれビル!

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

そしてなんと先ほどのPLAY GROUNDのすぐ左隣にも、ファッション系ビルがあります!!

観光客だと、一見ただの廃ビルにしか見えないけどね、、笑

でも実はここもお洒落ショップの巣窟。

前に歩く若者について行って見ましょう。

 

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

めっちゃお洒落じゃない?この隣にVINCOM CENTERがあって、H&Mが窓から見えるんだけど、H&Mばりのキャッシャースペースじゃない?

店も生活で綺麗。大体ここは1000円〜3,500円くらいで服が買えます。

安い。。

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

他にもたくさんお店あります。

ベトナムは壁アートがどこにでもあって結構アートな国民だと思ってるんですが、この廃ビルもなかなかのお洒落さでした。

私が2年前ホーチミンに来た時は、こんなお洒落なマーケットは、Nguyen Hue通り沿いのアパートビルだけだったと思います。

最近本当にこういう若者がショッピングできるお洒落な店が増えて来たよ。

やっぱりベトナムは若者の街なので、こういうところに来るとそれが実感できるし、クリエイターをどんどん排出してるベトナムは、こういうビジネスを誰もができる環境にあるんだと思う。

私はこういうところを見ると、今の私には何ができるんだろうと毎回思わせられるし、なんでもいいからサービスや物を作って、自分で商売を作っていく人間にならないとって本当に思う。

やっぱりまだまだベトナムからは離れられないな、と思った休日でした。

 

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング