私が『ぺスクタリアン』になる理由。

前記事:自分を変えたい人に言いたい。挑戦ストッパーの話。

で今すぐ人間の昔の名残である、挑戦への恐怖をコントロールし、環境を変えていけと言いました。

この記事ついて補足と、最近始めた私の「挑戦」について書きたいと思います。

挑戦ストッパーの話でもそうですが、私の考えはポジティブだとよく思われます。

でもこれはポジティブという感覚でなく、客観的に、論理的に見て、人間社会はこうなっていると分析して出た結果の行動で、決して私の性格ではないです。

この論理的に見て出した結果を、論理的だと思うひとは、論理的に従えばいいと思います。

いや、これは違う。と思っている自分の中に別の持論がある人は、その持論を信じて生きればいいと思います。

その内容が何であれ、持論を持ってる人は魅力的で、その持論を世間に示しながら生きている人は、カッコイイです。

なぜなら、人間十人十色と言われても、結局大きく分ければ思考パターンはいくつかに分けられていて、同じパターンの人が何千万もいるからです。

自分の持論に共感する人は、世界に何千万人と実は潜んでいるんです。

だからこそ、持論に従って生きている人は、味方が集まるし、人生が楽になっていきます。

「いや、自分の考えは誰にも理解してもらえていない、周りに味方が居ない。。」

そんな人は、ぜひ包み隠さず自分の考えを世間にアピールする声を大きくしてみる

そのためには、環境を変えることに抵抗がないコンディションにしておくことが重要です。

その時に、私が前記事で言った挑戦へのストッパーの話になるんです。

自分は比較的誰よりも論理派の思考だと思っています。

少なくとも、感情で動くタイプ、ではないです。

だけど、私は綺麗な湖でボート遊覧したいと思いますし、大切な人と別れる時は、情緒的になります。

人間は地球上で一番知恵を持っている動物です。

だからこそ、感情と論理をマネージメントしながら生きれば豊かになります。

それが私の『挑戦ストッパー論』の源となっているんです。

私が最近始めた挑戦も、以上の持論から出たものです。

最近私は、魚を食べる「ペスカタリアン(Pescatrian)」という生活スタイルを始めました。

朝はゆで卵2個、昼と夜は豚や牛などの哺乳類の肉が使われていない食事をします。

ペスカトリアンは魚を食べるベジタリアンと言われ、世界中で大幅に増えてきた生活スタイルです。

私がペスカトリアンを実践する理由、それはまさにさっきの「感情と論理」の話になります。

人間には思考レベルがあって(知識が遅れてるとかそういうことでなく、人々に好まれる生活スタイルの発達度の話です)、その思考レベルは国の成熟度にリンクしていると言われています。

例えば、カンボジアやミャンマーなどの発展途上国では、自分を生かしてくれるもの、つまり食事やお金に重きを置きます。

日本では生活の安全が保証された上での大量消費の時代が終わり、数年前のアメリカやヨーロッパ諸国の考えに近づいています。

自分たちの嗜好よりもその先、環境との共存を考え出すのです。

まさに、必要なものだけ消費し、浪費はしない。環境に良いものだけを選んで使用する、という嗜好パターンです。

日本ではベジタリアン実践者がほとんどおらずヴィーガンレストランも見つけることは難しいです。むしろ、ベジタリアンを批判する人だって多いくらいです。

ベトナムなどの東南アジア各国では、欧米人の観光客や在住者が多いため、逆にベジタリアンの店は多いのですが、それでも現地国民の中でベジタリアンの生活パターンを実践している人はほとんど居ません。

ベジタリアンやヴィーガンが欧米になぜ多いか。

これらは食文化とは実は関係なく、国の成熟レベルが起因しているという考えです。

日本では、魚や牛肉(和牛等)を食べるのは文化だから、というベジタリアン批判はよくありますが、よく考えると欧米なんて何千年も肉食文化だったのだから、文化は直接的な理由とは考えられないと思います。

正解は、「日本はベジタリアンが増加している国とは成熟レベルが違うから。」なのです。

ベジタリアンを実践している人が最近は6倍にも増えているアメリカやヨーロッパ諸国は、成熟レベルが次段階に移ろうとしている、又はもう移っているんです。

 

 

日本のその先を知りたい

私は自分のやりたいことの軸に、「知らない世界を知ること」という事があります。

これには理由なんてありません、感情がそう言っているのです

私は先進国と言われた日本に生まれ、2年半前にベトナムという発展途上国に来ました。でも、日本の次段階の世界は体験したことがありません。

先進国である日本と、発展途上国であるベトナムは人々の考え方が全く違いました。

売れるものも、嗜好も、生活パターンも全然違います。

だからこそ、理解するには苦労しましたが、今はどちらの国の考えもある程度理解できるし、志向がハイブリットになった気がします。

だからこそ、今の私にとって未知の世界、日本のその先を体験したい。そう考え始めたのです。

言ってしまうと、それが私のペスカタリアンを実践し始めた主な理由です。生活を欧米人の主流となるものに寄せて行き、次段階の生活を少しでも体験したいんです。

ベジタリアン、という未知の物を自分なりに「論理」的に見た結果、自分の「感情」から来る興味に従い、実際にペスカタリアンという形で実践することにしたのです。

ベジタリアンでなく何故ペスカタリアンなのか、それは私の人生の楽しみの一つが、「魚を食べること」だからです。これだけはどうしても外せません。

あとは、魚は自分で殺して調理できても、豚や牛は自分で食肉に(怖くて)変えられないからです。

自分で殺して食べられないものは、食べる資格が無い、という考え方が、なんとなく自分の中でしっくり来たので、これもペスカタリアンを続ける一つの理由としておく事にしました。

いや、そんなこと言うならベジタリアンになれよ!とか言われそうですが、自分の持論では何も間違いではないので、そんな声は無視します。

ゆくゆくは、日本もこの波に乗っていくんだと思っています。

だからこそ、未来を見る感じもしていいんじゃない?という感じで続けます。

 

↓記事が面白いと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

海外生活・情報ランキング

【日本企業を国際化!?】 20代若手社員は、海外へ放り出せ。

 

こんばんは、中谷です。

大学を卒業し、すぐベトナムに異動になってからというもの、本当にいろんな国へ足を運びました。

ベトナムの支社では日本人私だけ。取引先もローカル企業なので、日本人とは全く関わらない、そんな毎日でした。

そんじゃそこらの日系企業の日本人の方よりも、だいぶローカルな職場環境、生活環境をしていたと思います。

そんな中気づいたこと。

それは、日本と全く違う環境に身を置いて働くというのは、精神的に強靭でないとやっぱり最初はキツイということ。

または、根が超ポジティブ思考でないと、慣れるまではとっても辛い。

私は最初の1年はご飯も食べられなくなるくらい悩んだこともあったし、人間不信になりそうになったこともありました。

それくらい、島国で20数年間住んで、いきなり海外で日本人が全くいない環境で仕事するというのは、キツイということ。

だけどこの2年間、ベトナム人たちと真っ正面からぶつかり合い、切磋琢磨した結果、今まで日本では何の疑問も抱かずやっていた仕事に、非効率的なものを見つけることができるようになりました。

非効率な部分を改善して行き、改善して行く過程で新しい試みに挑戦できたり。

やっぱりこの環境で働くことで、自分の意識が少しづつグローバルな感覚に近づいており、その感覚というのは自分の血肉となって、自分にとっても会社や社会に対してもいい価値をどんどん与えられるようになっていくのだと、強く思います。

私はこの感覚を他の日本で働く人たちにも経験していってほしいし、この経験は日本の企業を元気付けることのできるエッセンシャルな部分だと感じています。

 

 

日本企業がグローバルになるには

私は、日本企業が世界をステージにして成長して行くには、もっと若者を海外へ放り込むような企業が増えることが一番だと考えています。

今の日本の企業というのはまだまだグローバルとは言えない仕事の慣習が残っているところが多いです。

でもそれは、実際に外国の企業で働いたことのある人や、国内でも一部の人しか気づいていないように思います。

島国で、だいたいの企業は同僚も上司も日本人。

なので、自分たちが疑問も抱かず行なっている日々の悪習に気づかない。

でも、気づかないところで、改善できるところ・切り捨てられること、たくさんあります。

切り捨てられればコスト削減に繋がったり、無駄な部分にかかる人件費が、何か他の生産性のある仕事に有効利用できるのです。

 

どうしたら気づける?

日本の慣習による無駄な仕事を根絶し、グローバル規模で力をつけて行くには、外からのいい情報をもっと流し込み、輸入していかないとダメだと思います。

輸入し、日本の企業や働く人の思考を日本の国内全体でアップデートしないことには変えることは難しいように思います。

そしてアップデートのために、これからを担う働き盛りの若手社員には、もっと外国で働いた経験を積んでもらい、その経験を逆輸入してもらう。

それが大事だと思います。

一旦海外の国際的感覚を身につけた若手社員たちは、だんだんと日本の仕事感覚に違和感を覚えるようになります。

その結果、現状の業務改善に役立たせようとするか、むしろ無駄が多い今の会社が嫌になりその会社を辞め、他のグローバル企業へ転職するのか。

つまり、海外で働いたのち、その人が自分の会社に逆輸入してくれるか否かは、その人次第です。

しかし辞めたとしても、ネットが発達した今の時代、すぐさま彼らはSNSやブログ上にその情報を書き込むようになります。

世界ではどうなのか。日本ではなぜこんなことをしているのかという疑問。

この疑問を今の20代や30代の若い人達が考え始めた途端、彼らは日本の企業から遠ざかって行く可能性があります。

そうなると、今度は何が起こるか。

そう、若い優秀な人材が離れていかないように、企業は自分たちの日々の業務や仕事内容を見直し、世界基準への塗り替えざる負えなくなります。

今の日本企業は若い人材が足りていないため、若くて優秀な人材を集めるのに必死です。

そうすれば、仮に若手社員を転勤などで海外に放り込み、結果その人がやめてしまったとしても、最終的には日本の社会全体への改善に繋がり、一周回っていい風が吹いてくると思うんです。

日本の企業は、彼らをもっと海外に行かせ、日本の常識が通用しないようなグローバルな環境。つまり、外国人の同僚と、外国人の上司の下で働かせるべきなんです。

世界にはたくさんの文化から学べる日本にはない仕事や経営のチップスが転がっています。

20代の若い人たちは、精神的にも肉体的にもまだまだ若い。

だからこそ、たくさんの文化的な違いであったり、海外の優秀な外国人たちに太刀打ちできるように切磋琢磨するポテンシャルがあります。

そこで得た仕事観を日本へ流し込めるのは、まさに今を生きる若者だけだと思います。

私も、そんな若手の中の一人になりたいと思い、日々を生きている今日この頃です。

 

売上アップのためにチームを導く。リーダーに重要な「自分のスタイル」の確立!

 

こんにちは、中谷です。

今年の7月でベトナムに来て丸2年、ベトナムの責任者になって丸1年。

この2年間の間で、売上が思うように伸びなかった時期が長かったこともあったし、どうすれば今あるリソースでオンデーズに来てもらう人を増やすことができるのか、毎日頭を悩ませてきました。

そんな中、少しづつ売上は伸びていき、今年の4月、おかげさまでなんと昨年の約125%の売上増を記録することができました。

「売上を伸ばすって、どういうことなのか?」

「売上をあげられるリーダーってなんなのか?」

そんなことを今回は、まとめていきたいと思います。

 

2017年はじめ:勘違いしていた、「リーダーとしての振る舞い」について 

 

実は私は今まで「店長」というポジションに就いたことがありません。

店長になったことがないのに、ベトナム人の店長に、店長の仕事を教え、売上を作っていかないといけないポジションに、去年の初旬、初めて就くことになりました。

2店舗の店長をまとめ上げる人間として、「どうしたら売上をあげられるか?」「利益を出すにはどうするか?」

を店長とともに作っていかなければいけない。。

だけど、店長の仕事をこと細やかに私に教えてくれる人、見守ってくれてアドバイスをくれる人は、そばに誰一人いませんでした。

 

最初は本当に、何をどうしていいか分からなかったし、店長になったことがないから、こうすればある程度売上が上がるとか、そういう経験や知識もなく、とにかく不安でした。

こんなちんちくりんの自分がこんな仕事を担当していて、本当にいいんだろうか?と、自分に対して疑心暗鬼になった時期も長く続きました。

でもやらないと私がここにいる意味はなくなるし、私がしっかりしてないと店長たちのやる気も無くなる。

だから、一つ決めたことがありました。それは、「これで売上が上がる!と思ったことは誰もやりたくないことでも、やる!」ということです。

誰もやりたくないことでも、売上が上がると確信したものを、一つずつやりまくっていると、経験が得られるから、失敗しても次に活かせると思ったからです。

これを繰り返すと、だんだんと成功法則が見えてくると思ったんです。

でもその考え方は私には地雷だったんです。

…ちなみに、別にこのやり方は間違いではないと思います。

こうして成功していく人はたくさんいるんだと思います。

だけど、そのやり方は私のような「店長経験なし」「若い」「成功事例がない」人間は絶対にしてはいけないやり方だと、私はそこから約半年経ってから気付くのです。。

 

上司からの助言「必要とされるリーダーは2つのタイプがある。」

 

上で述べたように、私は最初の頃「自分がこうだと思うこと」を、どんどん積極的にやっていました。

だけど、そこに成功があるかと言われたら、これといって何か成果を作ることはできなかったように思います。全て微調整くらいの成果しかないか、何も変わらないといった感じでした。

しかもその頃、他のスタッフの意見を聞いたとしても、そこまで重要とせず、スピード命だと思ってろくな話し合いも無しに進めていました。

店長や他のスタッフからもあまり言い風に思われていなかったと思います。

私に言われたことをやるけど、成果は目に見えては出てこない…。

そんなのスタッフからしたらやる気をなくす要因になることは一目瞭然ですよね。

でもそうしているうちに、私はベトナムの責任者になることになりました。

 

そして数ヶ月後、9月くらいでしょうか。

この私のやり方が起因して、ある失敗をしてしまったことがありました。

その時、見かねたのか、上司から言われたことがあります。

リーダーとして信頼される人には2通りのタイプがある。それは…

  • 経験があり、とにかく成功して実績でチームを導いていくワンマンタイプ。
  • または、目立った成功がなくても、その人のキャラクターやカリスマ性でチームを引っ張っていく人。

…参考にして頑張ってみてくれ、ということ。

私はこれを言われた時、自分のやり方が間違っているとはっきり突きつけられた!といった感じで、何も言葉を発することができませんでした。

自分が今までやってきたことは、周りの意見を重要視せず、ただただ一人でやってきただけ

その中には大きな成功なんてない。

形だけワンマンで、実績をしっかり作れないのに付いてきてくれる人なんていない。。

私には自分のスキルで、チームをつかんで成功に導いていく大きい力と経験は今ない。

今まで私がやっていたことは、本当にこのタイプのどちらにも当てはまらない、リーダーのリの字もない、勘違い行動だったと、心の底から感じました。

このことに気づいた時、自分のダメさによる絶望感が、反省を通り越してしまい、その1日はずっと頭が真っ白状態。

でもおかげでこの時から、自分のリーダーとしての行動をもう一度見つめ直し、180度変えることで、「リーダーとしての自分のスタイル」を確立する一歩に踏み出すことができました。

 

売上を作っているものって一体なんなんだろう。   

 

半年前に上司にアドバイスをもらってからも、いろいろなプロモーションや、PR活動、店舗の運営方法などを、積極的に行ってきました。

そんな中、思うような結果がでなかったこと7割、なんとなく成功したこと2割、めっちゃ当たったこと1割くらいだったと思います。

だけど、最近はその成功の確率がだんだんと上がって来たように思います。

やっぱりそれには理由があって、半年前助言をもらってもう一度自分を見つめ直し、「ローカライズができる」ということを自分のテーマにして、ここまでやって来たからだと思います。

このローカライズとは、

  • その土地の文化や習慣を知り、その文化が顧客のタイプに当てはまっているか分析する。
  • 顧客のタイプに合わせた店舗づくり、プロモを企画する。
  • 既存企画を持ち込む時は、自分たちの顧客タイプによってルールや実施目的を必ず変える。
  • 外部(その土地の者でない)の固定概念は消し去る!

ということ。

日本でやっているプロモーションや店作りも、そのまま持ってくるようでは絶対にダメです。

その既存のリソースを、どう自分たちの顧客や地域に合わせて受け入れられる物を作るか、ということが一番売上を作るには重要なこと、そう考えました。

そのためには、自分の固定概念を捨て、その土地に住む人の考えを自分に憑依させないといけない。知り尽くさなければいけない。

だから、その地域で働くまさに当事者であるスタッフを主導にして、チームでブランドを作り上げていくことが大事

だから、自分のルールは一旦捨てる。

当事者(スタッフやお客様)の意見をどんどん参考にし、チーム全体を当事者にし、その地域に根ざしたブランドイメージを作っていく

これが「ローカライズ」で、私が学んだ売上を上げる上で一番大切な基軸。

そしてこれが、180度やり方を変えた先の、「リーダーとしての自分のスタイル」になりました。

 

何より生き生きとしたスタッフが増えていく      

 

私が「ローカライズ」を基軸にし、去年から半年間続けて来た結果、いろいろな実りがありました。

それは売上のことも1つなのですが、私の中での一番の実りは、

  • スタッフが生き生きと仕事をするようになった。
  • チームとして、一体になり行動できるようになった。
  • 成功しなくても、成功するにはどうしたらいいか、一人一人が考えるようになった。

ということです。

みんなが以前より、会社の中心に近づいてくれるようになりました

オンデーズというブランドをベトナムで一番にするため、たくさんアイデアを共有してくれたり、指示なくても行動してくれるようになりました。

私を助けてくれるようになりました。

これは半年前にはなかったことで、私の確かな実りのある体験となりました。

今は売上が低迷したとしても、店長や他のスタッフと原因を探り、解決することができると思うし、来年は今年よりももっとブランド力のあるオンデーズベトナムにできる、そう確信しています。

 

まとめ                      

 

私は経験がなかったからこそ、失敗を繰り返しました

でもその中の気づきにしっかり向き合い、根本的な「売上を上げる」方法を見つけ、去年より大きな成果を今年前半作っていけたし、これからの残りの半年も作っていける確信があります。

現地に思考を近づけることを半年前からひたすらやっていたので、なんだかこの半年でベトナムへの愛も3倍くらいに増えました。。

自分のこの今のスタイルが合っているかと思えば、まだ確信はできません。

これからもっと成長していかないといけない。

今年は去年以上に結果を残せるように、意気込みを込めてこの記事を書きます。