【5月〜10月版:使える雨具と対策】ベトナムは“雨季”って知ってた?

こんばんは、カメレオンです!

観光に来る人は知らない人もいるかもしれません。

そう、ベトナムは5月から10月、雨季シーズンに入ります!

しかし、

雨季?ベトナムの雨季ってどんなやつなん? 梅雨?

と今思われた方の期待を裏切るほど、ベトナムの雨季は“激しめ”。日本とは違った雨シーズンとなっております!

まずは、これらのベトナム在住者ツイートを見てみてくださいませ。

 

 

 

 

 

これらのツイートは全てベトナム雨季の間の出来事です、、。

あー恐ろしい。

そう、ベトナムの雨季はほぼ毎日スコールが降り、時期によっては洪水級!になることも有。

気温は乾季よりかなり涼しくなるのですが、この気候パターンを知っておかないと、観光でエライ目にあっちゃうかも!?

今回は、そんな雨季のベトナムで楽しく快適に観光ができる極意を、在住者の視点からご紹介してみたいと思います!!

 

 

1. 【服装篇】必需品は、頭から靴まで覆うカッパ!?

2. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

 

 

 

雨季シーズン(5月〜10月)に旅行予定の方へ

 

ご安心ください。

スコールが毎日降るといっても、四六時中雨が降っていつやむか分からない!!なんて感じではありません。

ベトナムのスコールは、降る時間帯がだいたーい決まってるんです。

 

 

1. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

 

ベトナムでスコールが降るのは、1日に数回のみ

だいたい昼過ぎ13時くらいから、17時くらいの間に1時間ほど降ります

そして、朝や夜はほとんど降っていないことが多いです!

 

私がオススメするのは、朝少し早く出て朝食を食堂やカフェで食べ、スコールが降る時間にランチを食べる。

そうすれば、スコールが止んだタイミングで外を歩き回ることができます。

天候ベースでスケジュールを決める。。

まさに戦略的で賢い旅の仕方かもしれません!

 

 

2. 【服装篇】必需品は、靴カッパ!?

 

まずは旅行の際に一番気になる服装から見てみましょう。

ベトナムの雨季は一日中雨が降っているわけではありません。

ですので大きい傘より、持ち運びが便利な折りたたみ傘を持って行くといいでしょう

観光中は歩くことが多いです。

次に、靴カッパ、または雨用の靴です。

ベトナムは排水溝がありません。道路も平坦ではなく、時折ボコボコになっている場所も多く見かけます。

そうすると、雨が降った分だけ道路の端やボコの部分に溜まります。

そういう水溜りを、車やバイクがビュンビュン走ります、スピードを緩めてくれる人はあまりいません。。

なので、服や靴が汚れないためにも、雨靴か靴カッパを使用することは一つの解決案と言えると思います。

*なお、筆者はめんどくさがりなので普通の靴でいつも出かけ、案の定べちょべちょになったりすることが多いです、が気にしてないです笑

 

 

 

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

ベトナム在住者でもたまに引っかかってしまうトラップ。。

それがベトナム路上の、悪魔の汚水シャワーです!!

ベトナムでは食堂や屋台が『歩道』で食器の洗い物をしていたりします。

そして平気で洗い物をした水や残り汁?が地面に捨てられております。。

そう言った汚いものは、スコールが降ると雨に溶け出し、雨が止んだ後も、歩道のタイルや道の凹みに溜まるんです。

そしてベトナムの歩道タイルは、かなりグラグラ。あまり綺麗に敷き詰められていないことが多々あります。

もしそんな事情を知らずに、不安定なタイルを踏んでしまったら!

そう…、タイルが水を弾いて、足に直撃するのです!!

こうなればもうゲンナリ。

この水が結構臭いんですよね、いろんなもの混ざってるので。

なので、歩道を歩くときはしっかり地面を見て、グラグラしているタイルを避けましょう!!

 

 

最後に:

以上、まさに到来し始めているベトナム雨季の観光知識情報でした!

在住者としては、ベトナム旅行に来ている人に、快適に楽しんでもらいたいと思い、この記事を書いてみました。

存分に準備していても、予期せぬスコールに見舞われることがあります。

そんな時でも、日本ではあまり経験できないことなので、まさに旅行の醍醐味として、受け取っていただけるといいかなぁとも思ったりします。

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

アトピー性皮膚炎の私が、東南アジアで実践していること3つ。

【16カ国目! 】トルコ国内旅オススメ冬ルートを、勝手に紹介。

【人生2回目のニャチャン④:格安往復バスでニャチャン旅行】

 

こんばんは、カメレオン人間です。

今回は、ニャチャン旅行で経験した ホーチミン⇄ニャチャン をバスで移動する方法を記載したいと思います!

 

 

〜今回使ったバス会社〜

※チケット予約はWEBでもできます。↓↓

行き:Sinh tourist バス

https://www.thesinhtourist.vn

 

帰り:Phuong Trang バス(FUTA バス)

https://futabus.vn/en-US

 

バスに乗る方法① 行きSinh Toursit バス

 

今回はWEBでチケットを購入した場合をご説明します。

当日、バス発車30分前までにバス会社のオフィスに向かいましょう。

今回利用したSinh Toursitsのホーチミン支社は、以下の住所でした。

住所:246 Đường Đề Thám, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh

観光中心地のDe Tham通りにあります。

Sinh Touristは長距離バス会社でも高級な方で、私たちが行った時は、外国人観光客が8割、といった感じでした。

 

オフィスに着いたら、WEBで購入した際のeチケットをカウンターで渡します。

 

Sinh Touristカウンター

 

そしたらすぐにバスチケットを発券してくれるので、バスが来る時間まで待合室で待ちましょう。

バスは時間より少し早く到着するので、乗り遅れないよう外を見ておきましょう。

 

以上、行きのバスSinh Touristバスの乗り方です。

 

 

 

 

バスに乗る方法② 帰りFUTA バス

 

では、帰りのバス、FUTAバスでの乗り方をご説明します。

 

ニャチャンでは1つしか長距離バス乗り場がありません。

ニャチャンの長距離バス乗り場の名前は、『Ben Xe Phia Nam Nha Trang』

住所:Vĩnh Trung (đường 23/10), Nha Trang, Tỉnh Khánh Hòa

GoogleMapで調べるとビーチから近い場所が出て来るのですが、こちらは間違いなので注意。

本物の『Ben Xe Phia Nam Nha Trang』は、ビーチから15分程度かかる場所に位置しています。

 

大通りをタクシーで向かうと、Ben Zeの青い看板が見えますので、ここで止まってもらいましょう。

 

 

これがバスターミナルの入り口です。

バスターミナルに着いたら、カウンターでeチケットを見せるか、チケットをその場で購入しましょう。

 

FUTAは一番右にある、オレンジに緑字で名前が書かれた会社です。

 

 

バス車内サービス

 

バスは寝台ですと、どちらの会社も座席が2段ベッドのようになっています。

 

 

 

気になるトイレ休憩ですが、FUTAバスは2時間に1回ほど、Sinh Touristバスも数時間に1回ほど(寝ていて覚えてない)あります。

昼間はトイレ休憩だと運転手さんが知らせてくれますが、夜間は乗って最初のトイレ休憩以外は、知らせてくれなかったので要注意です。

サービスとしては、満足。

掛け布団が全席ついていますし、おしぼりや水も付いてきます。

ちなみに、Sinh touristもFUTAバスも無料wifiがありました

回線が弱いかと思いきや、しっかり繋がり、Youtubeで動画をずっと見ていることも大丈夫なくらいです!

さすが無料wifi帝国ベトナムですね。

 

 

 

気をつけるべきポイント

強いて言うなら、バス下車後にタクシー運転手が群がってくることくらいでしょうか?

『どこに行くの?』

『タクシー?』

いろんな言葉が着いてそうそう飛び交います。

そういったタクシー会社のおじさんの誘いには、乗らないようにしましょう。

タクシーが必要な場合は、

Vinasunタクシー、またはMairinタクシーを使うのが無難です。

 

 

 

外国人が利用するべきバス会社は?

 

ベトナムでは外国人でも長距離バスの利用が多く、よっぽどマイナーなバス会社でない限り、英語が通じることがほとんどだと思います。

WEBで予約する際も、今回紹介した2社は英語ページが存在するため、英語さえ分かれば何不自由なくバス予約ができるでしょう。

ベトナムでは飛行機が国内でも1万円前後になります。

しかもその本数や時間も限られています。

ならば、バスを利用し都市近郊の観光地だったり、リゾート地に向かう方が、かなりお金が浮くやり方だと言えますね!

今の所バスでぼったくりに遭ったり、トラブルにあったことはありません。

ベトナム人側も、外国人利用に慣れているので心持ち安心です。

 

 

 

以上、ホーチミン⇄ニャチャンの長距離バス情報でした。

ちなみに、このバス会社は他にも様々な地域へ繋がっているので、旅行する際はとても便利です。

1年前にブンタウにいった際も、FUTAバスを利用しましたが、片道100,000VND(500円)以下でした!

その時の記事:HCMCから2時間で行けるリゾートに行って来た。【Vũng Tàu(ブンタウ)】

 

ぜひ、皆さんも使ってみてください!

 

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

【人生2回目のニャチャン③:バラエティ豊かな屋台たち】

こんばんは、今回もニャチャン旅行で見つけた旅情報第4段を書いていきたいと思います!

前記事:【人生2回目のニャチャン②:ビーチクラブ『Sailing Club』のDJが素晴らしかった件】

 

さて、ニャチャンといえばビーチリゾートですね。

綺麗な浜辺と海、そしてそこら中にある海鮮屋台やレストラン!

 

本日は、『食べ物』というポイントから、ニャチャンの魅力をまとめていきます!

 

 

 

1. ビーチで買える手軽スナック!

 

ビーチにはおばちゃんがベトナムスナックを歩き売りしています。

こんな光景はベトナムリゾートでしか見られないでしょう!

 

ちなみに売っている商品は、

+ ロブスターの姿焼き

+ ベトナムスナック袋菓子・またはライスペーパー菓子

+ スルメ

でした。

 

ロブスターの姿焼きはその場で焼いてくれるのでオススメです!

また、ココナッツやビール、水などのドリンクなどは砂浜の売店で売っているので、いつでも買えます!

 

ロブスター!?が浜辺で買えます!

 

こちらも浜辺で買えるスルメ。

 

売店が点在しているため、便利です。ココナッツジュースは東南アジアで欠かせません!

 

 

 

2.夜店で海鮮を食べる!

ニャチャンはシーフードの街です。

ビーチ沿いには様々なシーフードレストランが立ち並んでいます。

特に、貝はキロ売りでオーダーできるので、オススメです!

 

中国人観光客が多いので、中華系の店、もしくは中国名の店が多いですが、料理はまんまベトナムでした。

 

中でも注文できますし、店先の水槽から直接オーダーすることもできます。

 

:2019年1月時点

海鮮料理店:Nha Hang Mandarin

住所:64 Tran Phu Nha Trang

関連記事:http://nhatranghottour.com/quan-hai-san-ngon-nha-trang-nha-hang-mandarin/

(ベトナム語ですが、現地観光ページでも紹介されています。値段なども記載されていました。)

 

 

ちなみに、ベトナムで貝をオーダーは、調理方法を伝える必要があります。

 

+ネギ油の味付けで、ピーナッツが掛かっているもの→nướng mỡ hành

 (モーハン)

+チーズ乗せ→phô mai(フォーマイ)

+レモングラス蒸し→hấp sả(ハップサー)

+タマリンド炒め→xào me(サオメー)

 

個人的には、Oc HuongのHap Saがオススメです。

 

 

3. 外国料理を食べる

 

ニャチャンの観光客は中国人とロシア人が数多くいます。

なので、ロシア人がレストランやバーを経営していたり、中華料理店も数多く点在しているのです。

 

ホーチミンではなかなか食べられないロシア料理も、ニャチャンではビーチからほど近い場所で堪能できたりするのです!

 

 

(筆者がディナーをしたロシア家庭料理レストランはコチラ→ 【人生2回目のニャチャン①:ロシア料理レストランが高レベルだった件】 )

 

 

ニャチャンではニャチャンでしか堪能できないものがたくさんあります。

みなさん、ぜひニャチャンに行った際は堪能してくださいね!

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング