令和がはじまる。

こんにちは、カメレオンです。

今月一日から迎えた令和時代。

まだ私のMacは「れいわ」と打っても「0話」としか変換されませんが…。

今日は特別記事ということで、令和時代に『ベトナム』で期待する5つのコトを、筆者の私利私欲の範囲内で書いてみようと思います。

(*元号は日本のものですが、筆者がベトナムに住んでいるため、あえてベトナムでの願いを書いている、ということを念頭に置いてください。)

 

 

1. 町から無駄なWifiが無くなり、めちゃめちゃ繋がるメインの線を引いて欲しい

ベトナムに住んでいる人は「あるある」だと思うのですが、ベトナムってどこでもWifiが使えます。

小さいカフェでもアパートでもレストランでも、ポケットwifiを持つことなしで、十分生活していけるんですよね。

正直、日本ではこんなことあり得ないので、めちゃくちゃ便利です。

だけど、一つだけ疑問点がありまして。。

うちのアパートWifiが無駄に5つくらいあるんですよね。

そして、そのうち1個が使えなければ他を試したり、時には全て繋がらなくなる時もあったりするんです。。

それって弱い回線のものを何個も設置しているのかな?と思ったり。。

正直めっちゃ強い回線のものを一つ引いて、それをメインとしてずっと使っていたい気もしちゃいます。

私のアパートだけかもしれませんが、結構町に出ても、あるのにネットが繋がらない無駄wifiに出くわします。。

 

2. うようよ電線を少なくして欲しい。

ベトナムは町中に大きい束になった電線がうじゃうじゃと張り巡らされ、電柱の近くなんかは黒い団子のように線が絡まっています。

その情景をデザインとして印刷したTシャツも売っているほど。

ユニークでベトナムらしいとはいえども、綺麗なものとは言い難いです。

個人的には、もののけ姫のアノうようよを想起してしまいます。

そして見た目だけならまだしも、私が一番怖いと思うのが、電線による感電です。

ベトナムの雨季は本当に洪水級になることも多々あるので、そんな中もし電線が切れたりでもしたら、水伝いに感電していまウゥ!なんてこと考えてしまうのです。。

超心配性な思考でしょうかね、、?

でも街中で地面をずんぐり開けて、中の配線を調査している電気工の人たちの横を通る時、すんごく構えてしまいます。

この感電の心配がなくなるよう、町から電線が少なくなることを、個人的に祈っています。。

 

3. 薬剤使いまくりのフルーツ

ベトナムは南国なので、たくさんのフルーツが売られ、愛されています。

私もバナナやマンゴー、スイカなど年中食べられる南国フルーツに助けられています!

だけど、ベトナムでよく話題になるニュースというのは、違法?な量の薬剤を使いまくり、最短でフルーツを収穫する悪徳業者です。

そんな業者が少なくないので、ベトナム人の同僚達はよく、「これは薬を使ってないフレッシュなフルーツだよ」と言って安全なフルーツを買ってきてくれます。

でも正直、外国人からしたらどこで薬の使っていないフルーツが売っているのか、見分けることもできないので、ニュースを見るたびに不安感を募らせることしかできません。

市場に出回るフルーツが、全て安全なフルーツだと確証が持てるようになって欲しいですね。。

 

4. 早朝の葬式

ベトナムでは、仏教?であれば早朝から金管楽器を用いた音楽演奏が行われます。

死者を弔うという意味で、残すべき美しいカルチャーだと思うのですが、時折このせいで全く寝れない!、その日の仕事に支障をきたす!なんてことがあったりします。

なので、(99.999%起こり得ないと思いますが、、)全住居に防音設備を義務化!

なんてものがあれば、泣いて喜びます。

ちなみに過去、なんとか音を消すため、布団を頭まで被ったり、耳栓を買ったりしましたが、無駄でした。。

普通の代物では太刀打ちできません。

全個室に防音壁を希望します!

 

5. 最後は、

平和な世の中です。

 

何をありきたりなことを言っているんだ!

と思っているアナタ。

その通りかもしれません。これは理想論です!

でも、ベトナムでは普通にひったくりがありますし、物を買う時には気付かず騙されてたなんてこともあります。

(筆者はベトナム在住3年のうち、2回ひったくりに合いました。)

被害に遭うことも当然嫌ですし、そういうことをする人が実際にいる!という事実も、日本人の私にとってはショックな出来事だったんです。

いつか、そんなことをしなくても、みんなが平和に過ごしていけるような国に、ベトナムがなっていけばと切に願っております。

 

令和時代の幕開け、この後数十年間は、どんな世の中になっていくのでしょうか。

楽しみですね!

 

画像元:<a href=”https://www.photo-ac.com/profile/1871707″>pp7</a>さんによる<a href=”https://www.photo-ac.com/”>写真AC</a>からの写真

 

 

 

 

 

実は簡単!? ベトナム→日本へ海外送金する方法 <Techcombank編>

 

前記事(ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。) に続き、今回はベトナムから日本の銀行へ海外送金する方法をご紹介したいと思います。

私はTechcombank、BIDV、Vietcombankの3つの銀行口座を持っているのですが、この3つの中で、実際に日本の自分の口座に送金したことがあるのはTechcombankのみです。

ちなみにベトナムでは海外送金はかなりハードルが高く、自分以外の個人への送金は様々な書類を揃える必要があったりそもそも不可能だったりと、かなり難しいです。

ですので、今回はベトナムの自分の口座から、日本の同名義の口座に送金する方法をご紹介したいと思います。

 

 

ベトナムに存在する企業で働く外国人ならば簡単!

 

海外送金する場合は、まず以下の物を揃えましょう。

 

  1. 日本の口座情報(銀行名、支店+口座番号、支店住所、スウィフトコード、英語での名義)
  2. ベトナムで勤めている企業の雇用契約書(ベトナム語)
  3. 労働許可証
  4. レジデンスカード
  5. パスポート
  6. Techcombankでの自分名義口座

 

この6つを揃えるだけで、ベトナムにある企業で働く日本人労働者は2〜3日営業日で送金が可能です。

私の場合ホーチミンのTechcombank Saigon支店を利用していたため、その場合は、

まず窓口に行き海外送金する旨伝える→ビル7階?のオフィスに案内される→担当者に上記書類を渡す。

でOKでした!

一回送金してしまえば、担当者が自分を覚えてくれるのと、送金記録が残るため次回からはスムーズに送金してくれます。(全額給料をドンで貰っていた時は3ヶ月に1回くらい送金してましたので、又来たのね!とスタッフのねーちゃんによく言われてました。)

又、口座情報に関しては、送金先口座の銀行がオフィシャルサイトで詳しく説明を記載しているので、そちらを見て確認しておきましょう。(特に支店口座番号の表記の仕方や、スウィフトコードは事前チェック必須です。)

++下記参照++

三菱UFJ銀行 – 外国送金受け取り(オフィシャルサイトより)

三井住友銀行 (オフィシャルサイトより)

みずほ銀行(オフィシャルサイトより)

 

なお、現金から海外送金するのは不可能ですので、Techcombankに口座を作り、そこからお金から送金してもらいましょう。

 

 

どうしても他人に送金したい!

 

自分の口座間以外に、海外送金をするのは基本的にハードルが高いです。

しかしどうしても送金したい場合。。。

海外送金代行サービスを利用するのも手なのです。

その中で信頼できて利用者の多いWestern Union という海外送金代行業者がいるので、ご紹介します。

Western Unionは世界中200地域で送金代行業を行なっている大手企業で、ベトナムでも支店がたくさんあります。(ちなみに、ホーチミンで送金に関し問い合わせしたところ、送金上限は500USDまでとのこと。)

毎回手数料が取られてしまい高くなりますが、500USD以上送金が必要な時は、何回かに分けて送金する必要があります。

又、ベトナムでは法外に金額上限なしで送金を代行しているアングラ系の会社も存在します。

それらはベトナム公式領収書であるレッドインボイスも基本的に発行出来ず、海外送金が厳しく取り締まられているベトナムで抜け道を使用して送金を代行しています。

そういうところは、子供の留学先であったり、海外に住む親族へそういった組織に委託して送金をしているベトナム人の方がおられるみたいです。

しかし、そういった会社は法外ですので、利用は絶対にやめてください。

そこで起こったトラブルについては一切保証出来ません。

 



(2018年12月情報)

この記事通りに送金を行い、起こったトラブルは自己責任でお願いします。

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

↓↓       その他人気のベトナム情報はコチラ ↓↓

過去記事:ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。<ローカルアプリ紹介まとめ>