【5月〜10月版:使える雨具と対策】ベトナムは“雨季”って知ってた?

こんばんは、カメレオンです!

観光に来る人は知らない人もいるかもしれません。

そう、ベトナムは5月から10月、雨季シーズンに入ります!

しかし、

雨季?ベトナムの雨季ってどんなやつなん? 梅雨?

と今思われた方の期待を裏切るほど、ベトナムの雨季は“激しめ”。日本とは違った雨シーズンとなっております!

まずは、これらのベトナム在住者ツイートを見てみてくださいませ。

 

 

 

 

 

これらのツイートは全てベトナム雨季の間の出来事です、、。

あー恐ろしい。

そう、ベトナムの雨季はほぼ毎日スコールが降り、時期によっては洪水級!になることも有。

気温は乾季よりかなり涼しくなるのですが、この気候パターンを知っておかないと、観光でエライ目にあっちゃうかも!?

今回は、そんな雨季のベトナムで楽しく快適に観光ができる極意を、在住者の視点からご紹介してみたいと思います!!

 

 

1. 【服装篇】必需品は、頭から靴まで覆うカッパ!?

2. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

 

 

 

雨季シーズン(5月〜10月)に旅行予定の方へ

 

ご安心ください。

スコールが毎日降るといっても、四六時中雨が降っていつやむか分からない!!なんて感じではありません。

ベトナムのスコールは、降る時間帯がだいたーい決まってるんです。

 

 

1. 【時間帯篇】雨季は、降る時間が決まってる!?

 

ベトナムでスコールが降るのは、1日に数回のみ

だいたい昼過ぎ13時くらいから、17時くらいの間に1時間ほど降ります

そして、朝や夜はほとんど降っていないことが多いです!

 

私がオススメするのは、朝少し早く出て朝食を食堂やカフェで食べ、スコールが降る時間にランチを食べる。

そうすれば、スコールが止んだタイミングで外を歩き回ることができます。

天候ベースでスケジュールを決める。。

まさに戦略的で賢い旅の仕方かもしれません!

 

 

2. 【服装篇】必需品は、靴カッパ!?

 

まずは旅行の際に一番気になる服装から見てみましょう。

ベトナムの雨季は一日中雨が降っているわけではありません。

ですので大きい傘より、持ち運びが便利な折りたたみ傘を持って行くといいでしょう

観光中は歩くことが多いです。

次に、靴カッパ、または雨用の靴です。

ベトナムは排水溝がありません。道路も平坦ではなく、時折ボコボコになっている場所も多く見かけます。

そうすると、雨が降った分だけ道路の端やボコの部分に溜まります。

そういう水溜りを、車やバイクがビュンビュン走ります、スピードを緩めてくれる人はあまりいません。。

なので、服や靴が汚れないためにも、雨靴か靴カッパを使用することは一つの解決案と言えると思います。

*なお、筆者はめんどくさがりなので普通の靴でいつも出かけ、案の定べちょべちょになったりすることが多いです、が気にしてないです笑

 

 

 

3. 【豆ちしき篇】突然の汚水シャワー!街中に潜む濡罠にご注意。

 

ベトナム在住者でもたまに引っかかってしまうトラップ。。

それがベトナム路上の、悪魔の汚水シャワーです!!

ベトナムでは食堂や屋台が『歩道』で食器の洗い物をしていたりします。

そして平気で洗い物をした水や残り汁?が地面に捨てられております。。

そう言った汚いものは、スコールが降ると雨に溶け出し、雨が止んだ後も、歩道のタイルや道の凹みに溜まるんです。

そしてベトナムの歩道タイルは、かなりグラグラ。あまり綺麗に敷き詰められていないことが多々あります。

もしそんな事情を知らずに、不安定なタイルを踏んでしまったら!

そう…、タイルが水を弾いて、足に直撃するのです!!

こうなればもうゲンナリ。

この水が結構臭いんですよね、いろんなもの混ざってるので。

なので、歩道を歩くときはしっかり地面を見て、グラグラしているタイルを避けましょう!!

 

 

最後に:

以上、まさに到来し始めているベトナム雨季の観光知識情報でした!

在住者としては、ベトナム旅行に来ている人に、快適に楽しんでもらいたいと思い、この記事を書いてみました。

存分に準備していても、予期せぬスコールに見舞われることがあります。

そんな時でも、日本ではあまり経験できないことなので、まさに旅行の醍醐味として、受け取っていただけるといいかなぁとも思ったりします。

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

アトピー性皮膚炎の私が、東南アジアで実践していること3つ。

【16カ国目! 】トルコ国内旅オススメ冬ルートを、勝手に紹介。

令和がはじまる。

こんにちは、カメレオンです。

今月一日から迎えた令和時代。

まだ私のMacは「れいわ」と打っても「0話」としか変換されませんが…。

今日は特別記事ということで、令和時代に『ベトナム』で期待する5つのコトを、筆者の私利私欲の範囲内で書いてみようと思います。

(*元号は日本のものですが、筆者がベトナムに住んでいるため、あえてベトナムでの願いを書いている、ということを念頭に置いてください。)

 

 

1. 町から無駄なWifiが無くなり、めちゃめちゃ繋がるメインの線を引いて欲しい

ベトナムに住んでいる人は「あるある」だと思うのですが、ベトナムってどこでもWifiが使えます。

小さいカフェでもアパートでもレストランでも、ポケットwifiを持つことなしで、十分生活していけるんですよね。

正直、日本ではこんなことあり得ないので、めちゃくちゃ便利です。

だけど、一つだけ疑問点がありまして。。

うちのアパートWifiが無駄に5つくらいあるんですよね。

そして、そのうち1個が使えなければ他を試したり、時には全て繋がらなくなる時もあったりするんです。。

それって弱い回線のものを何個も設置しているのかな?と思ったり。。

正直めっちゃ強い回線のものを一つ引いて、それをメインとしてずっと使っていたい気もしちゃいます。

私のアパートだけかもしれませんが、結構町に出ても、あるのにネットが繋がらない無駄wifiに出くわします。。

 

2. うようよ電線を少なくして欲しい。

ベトナムは町中に大きい束になった電線がうじゃうじゃと張り巡らされ、電柱の近くなんかは黒い団子のように線が絡まっています。

その情景をデザインとして印刷したTシャツも売っているほど。

ユニークでベトナムらしいとはいえども、綺麗なものとは言い難いです。

個人的には、もののけ姫のアノうようよを想起してしまいます。

そして見た目だけならまだしも、私が一番怖いと思うのが、電線による感電です。

ベトナムの雨季は本当に洪水級になることも多々あるので、そんな中もし電線が切れたりでもしたら、水伝いに感電していまウゥ!なんてこと考えてしまうのです。。

超心配性な思考でしょうかね、、?

でも街中で地面をずんぐり開けて、中の配線を調査している電気工の人たちの横を通る時、すんごく構えてしまいます。

この感電の心配がなくなるよう、町から電線が少なくなることを、個人的に祈っています。。

 

3. 薬剤使いまくりのフルーツ

ベトナムは南国なので、たくさんのフルーツが売られ、愛されています。

私もバナナやマンゴー、スイカなど年中食べられる南国フルーツに助けられています!

だけど、ベトナムでよく話題になるニュースというのは、違法?な量の薬剤を使いまくり、最短でフルーツを収穫する悪徳業者です。

そんな業者が少なくないので、ベトナム人の同僚達はよく、「これは薬を使ってないフレッシュなフルーツだよ」と言って安全なフルーツを買ってきてくれます。

でも正直、外国人からしたらどこで薬の使っていないフルーツが売っているのか、見分けることもできないので、ニュースを見るたびに不安感を募らせることしかできません。

市場に出回るフルーツが、全て安全なフルーツだと確証が持てるようになって欲しいですね。。

 

4. 早朝の葬式

ベトナムでは、仏教?であれば早朝から金管楽器を用いた音楽演奏が行われます。

死者を弔うという意味で、残すべき美しいカルチャーだと思うのですが、時折このせいで全く寝れない!、その日の仕事に支障をきたす!なんてことがあったりします。

なので、(99.999%起こり得ないと思いますが、、)全住居に防音設備を義務化!

なんてものがあれば、泣いて喜びます。

ちなみに過去、なんとか音を消すため、布団を頭まで被ったり、耳栓を買ったりしましたが、無駄でした。。

普通の代物では太刀打ちできません。

全個室に防音壁を希望します!

 

5. 最後は、

平和な世の中です。

 

何をありきたりなことを言っているんだ!

と思っているアナタ。

その通りかもしれません。これは理想論です!

でも、ベトナムでは普通にひったくりがありますし、物を買う時には気付かず騙されてたなんてこともあります。

(筆者はベトナム在住3年のうち、2回ひったくりに合いました。)

被害に遭うことも当然嫌ですし、そういうことをする人が実際にいる!という事実も、日本人の私にとってはショックな出来事だったんです。

いつか、そんなことをしなくても、みんなが平和に過ごしていけるような国に、ベトナムがなっていけばと切に願っております。

 

令和時代の幕開け、この後数十年間は、どんな世の中になっていくのでしょうか。

楽しみですね!

 

画像元:<a href=”https://www.photo-ac.com/profile/1871707″>pp7</a>さんによる<a href=”https://www.photo-ac.com/”>写真AC</a>からの写真

 

 

 

 

 

ホーチミンが水タバコの楽園だった件。【ベトナム】

こんにちは、カメレオンです。

本日は、水タバコが吸える中東料理レストランに行ってきたので、レポートしたいと思います!

 

 

 

水タバコって?

 

水タバコ(シーシャと言われてます)は、イスラム圏で多く吸われているタバコの一種で、様々なフレーバーを選んで楽しむことができる、水蒸気タイプのタバコです。

通常の紙タバコと違い、約1時間ほど持続します。

炭で温めるタバコの葉には、シロップが加えれており、吸った時のほんのりとした甘さを、会話しながら嗜むのが醍醐味でしょう。

 

そんな水タバコ、日本では滅多に見かけませんが、実は東南アジアの若者の間で親しまれていたりするんです!

ベトナムホーチミンでも、外国人向けからローカルの店やクラブなど、様々な場所で提供されています。

タバコを吸わない人でも、水タバコはアルコールのようなノリでトライするベトナム人は私の周りにも結構多いです。

 

 

 

 

隠れ家的 レバノンレストランで水タバコ:Warda Shisha Lounge

 

 

今回行ったのは『

Warda Shisha Lounge

』という1区中心地に位置するレバノン料理のお店です!

 

IMG_1198

 

 

IMG_1199

ケバブや豆でできたフムスなど、様々な中東料理をいただくことができ、料理自体も大変楽しめます!

 

 

食事が終わった後は、いよいよ水タバコです!

 

IMG_1204

 

運ばれてきたのは、ココナッツが吸引機になっているユニークな水タバコでした。

(めちゃめちゃ暗いですが、左下のテーブルに乗っているのが水タバコです。。)

 

サイズは大・小選ぶことができ、二人なら小で十分でした。

フレーバーは今回はアップル。他にも選択肢はたくさんあるようで、二種類のミックスもできるそうです!

値段は、小サイズで360,000VNDほどで、1時間くらい吸っていられます。

 

 

 

 

感想:

正直、めちゃめちゃ雰囲気が良くて筆者的にはかなりGoodな評価です!

中心地からも近いですし、夜遅くまで空いているようです。

1区周辺に住んでいる方や旅行で宿泊している人には便利な立地で、おすすめできる場所ですね!

ただご飯が思ったより割高なので、ディナーは別で済ませた後に、水タバコだけ吸いにきてもいいかもしれません。

ちなみに、パソコン作業をしているお一人様も何名か見かけました。

ゆったりとした空間で一人作業したい方の穴場でもあるんですね!

今回は友人とでしたが、今度は一人でも行ってみようかなと思います。

 

Warda Shisha Lounge and Restaurant(レバノン料理)

71/7 Mac Thi Buoi Street, District 1, Ho Chi Minh City

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293925-d3398239-Reviews-Warda_Shisha_Lounge_and_Restaurant-Ho_Chi_Minh_City.html

 

 

 

過去記事

ホーチミンおすすめレストラン 2019年【中華編: Tân Hải Vân 新海雲】

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

ベトナムに住んで英語力が上がるのか。【海外就職の教科書シリーズ①】

実は簡単!? ベトナム→日本へ海外送金する方法 <Techcombank編>

『カフェオム』の謎を解明してみた。【ベトナム夜遊び ②】

ベトナムでネットバンキング!?超簡単です。<ローカルアプリ紹介まとめ>

 

トルコ旅行①:現地でしか食べられないトルコ料理を紹介

こんばんは、カメレオン人間です。

ベトナムテト(旧正月)が終わってもう2週間経ってしまいました。みなさん、テトはどこに行きましたでしょうか?

テトは日系の会社であっても、テト期間中(だいたい10日くらい)は、飲食店であっても一斉休業なところが90%以上だと思います!

日本のゴールデンウィークやお盆とは違い、どんな職種の人でも休める日なので、いい習慣ですね。。

 

さぁ今回は、有給とテト休暇をミックスさせて

たっぷーり8日間、中東の国トルコへ一人旅をしてきました!

 

今回はトルコで出会った現地の美味しいローカルフードをご紹介したいと思います!

 

 

 

1. トルコの朝食文化『Kahvaltı(カハヴァルトゥ)』

 

*一人旅なのでこの量を1人で平らげました。笑

(写真:Bursa市cumalıkızıkのレストランで。)

 

トルコでは朝から昼ごはんに近い時間帯にかけて、家族や友人と席を共にし、朝食をする文化があります。

トルコの朝食といえば、形式が決まっており、トルコのパン『Ekmek(エキメッキ)』に、オリーブの塩漬け、数種類のトルコチーズ、バター、ご飯の葉詰め、卵とサラミ、蜂蜜などの小皿が一緒についてきます。

ドリンクはトルコのお茶『Çay(チャイ)』がポットごと出されます。

 

トルコに来たら『Kahvaltı』をしなさいとトルコの方から言われるほどなので、深く根付いた習慣なのでしょう。

トルコの街ではこの『Kahvaltı』がどのレストランでも出されており、朝ごはんとはいえども13時くらいまではやっています。

ちなみに、(ちゃぶ台のような)低めのテーブルに靴をぬいで食べる形式が伝統的だそうなので、食べる際は、そういったレストランを探してみてください!

 

 

 

2.  ムール貝のご飯詰め『Midye Dolma(ミディェ ドルマ)』

 

 

トルコといえばエーゲ海に面しており、新鮮な海の幸が食べられます。

ムール貝もトルコではメジャーな海鮮物の1つとして用いられています。

ムール貝のいい香りと、トルコ独特のだしが効いたご飯、そして貝の身が詰められております。

海の幸が大好きで米食の日本人にとっては、かなり口に合うお味だと思います!

ちなみに、『Dolma(ドルマ)』は”詰め物”という意味だそうで、ブドウの葉っぱに包んだ『Yaprak Dolma(ヤプラック ドルマ)』という別の料理もあります。

私はこの『Yaprak Dolma』をトルコの朝食文化『Kahvaltı(カハヴァルトゥ)』で食べました。

オリーブオイルが国の中で沁み渡る美味しさでした。

※Yaprakは、日本語で”葉っぱ”という意味です。

 

 

3. ケバブの薄切り料理『iskender (イスケンデル)』

 

Bursa市内レストラン『iskender

住所:Soğanlı Mahallesi, Soğanlı Botanik Park No:1

 

 

イスケンデルはパンの上にケバブ肉の薄切りを乗せ、トマトソース・ヨーグルトを添えた上に、溶かした熱々バターを食べる直前に流し入れる、というボリューミーなトルコの伝統料理です。

私はイスタンブールからバスで2時間のブルサ(Bursa)という街の、イスケンデルがそのまま名前となっている有名店『iskender』で食べました。

結論から言うと、めっちゃくちゃ美味しかったです。

基本パン食じゃない私でも、食べ切っちゃいました。

肉が薄切りなのと、トマトソースがあっさりしてるので、思ったよりペロッといけます。

ただ、味は濃いのであんまり時間かけて食べちゃうと、お腹に溜まっちゃいそうです!

私が食べたレストランが、なかなかの人気店で、サービスも良く、その分混み具合もすごかったです。

 

 

4. ピスタチオの伝統お菓子『Baklava(バクラヴァ)』

 

*Baklavaは原材料が同じでも、形が色々有ります。

 

『Baklava』はトルコに来たら味わうべきお菓子No.1と言っても過言ではないほど有名な、伝統お菓子です!

このタイプのお菓子は、トルコだけでなく中東を中心にいろんな国で食べられているそうです。

なんとも歴史が長そうなこの伝統お菓子。

味はピスタチオなどのナッツを挟んだパイ生地で、シロップが底に染み込まれておりジンワリ甘い懐かしい味。

筆者はこのBaklavaが大好物なので、滞在期間中に10個以上は食べました。。

お土産もBaklava。今までにないくらい同僚に好評でした笑

 

 

5. 肉料理と一緒に味わう、トルコの定番ドリンク!?『Ayran(アイラン)』

 

こちらはフードではないですが、トルコといえばコレ!の1つに入ると思うので選出。

みなさん『Ayran(アイラン)』を知っていますか?

原材料はトルコヨーグルトと水。この2つを溶かしたトロミの有る甘くないヨーグルトジュースです。

トルコ人は、日本でいう麦茶、フランスでいうワイン、アメリカでいうコーラのように、肉料理にはこのアイランを飲むそうです。

レストランで出される手作りのアイランが一番美味しいそうですが、なんとこのアイラン、売店やスーパーでも普通にパッケージ化されて売られています。

トルコではチーズやヨーグルトは日本の味噌のように頻繁に食べられます。

だからこそ、乳製品が使われていないケバブなどの肉料理には、アイランが欠かせないそうです。

全然甘くないので、外国人には少々きつい?という噂もありますが,,,,

私はぜんっぜん平気でした。

というか、ベトナムでマムトムや虫、強い香りのハーブを食べて来ているので、これくらい普通じゃね?って感じです。

興味のある日本人の方は、ぜひこの『Ayran(アイラン)』試してみてください!

 

ベトナムのチェコ料理!?自家製ビールが飲めるHoa Vienに行ってきた【ホーチミン】

こんにちは、カメレオン人間です。

ベトナムのホーチミンに、在越者には有名なチェコ料理レストラン『HoaVien』があるのはご存知でしょうか?

チェコといいえばコクのあるチェコビールが有名ですね。

『HoaVien』では、なんとチェコビールを醸造しているため、自家製ビールを堪能することができるのです。

ビールがアレルギーながらも、クラフトビール好きのカメレオン。

今日は、そんな『HoaVien』をレポートしていきたいと思います。

 

 

まさに本格ビアホール in ベトナム

 

『HoaVien』店内はビール醸造用の大きな缶のようなものが置かれており、すっかりベトナム感が無くなったようです。

アンティークな家具と、オレンジ色の薄暗いライトが、チェコの伝統的なビアホールを連想させます。

レストランは3階建のようで、たくさんの席が設置されているようでした。

 

チェコ料理の味はベトナム風

 

まずはじめに頼んだはロシアンサラダ、というもの。

実際はポテトサラダでした。

 

 

次に、羊をレモングラスで蒸した?もの。

これはチェコ料理というか、完全ベトナムの味付けでした。

 

最後に、羊肉の骨つきグリル?みたいなもの。

 

これがかなり美味しかったです。

(食べる前に写真を撮り忘れたので、1本だけです。。)

 

全体的にベトナム人が好みそうな甘酸っぱい味付けなイメージでした。

もしかしたら、ベトナム人に合わせてローカライズしているのかもしれません。

(レモングラスの匂いと味は、まさにベトナム料理でした…。)

チェコで本場のチェコ料理を食べたことのある身としては、何か物足りないきがしたのは残念です。。

 

 

値段は高め!

4品ほど頼んだのですが、どれも100,000VND〜200,000VND程度。

さらに羊肉の骨つきグリル?みたいなものは3本で500,000VND超え。。

二人で行ってビールを一杯ずつ頼んで、一人合計600,000NVD(3000円)くらいでした。

(ベトナムではビールを含む食事でも、200,000VND程度でいただけます。)

全体的に料理の値段は高かったです。

来た料理も美味しいのは美味しいのですが、なんちゃってチェコ料理な気もしないでもないし、コストに見合ってないかな。というストレートな感想ですね。

ただし、ビールはめちゃくちゃ美味しかったです。

私はアルコールアレルギーなので、発泡酒など量販店で買えるビールですとアトピー発症しちゃうのですが、ここの自家製チェコビールは、アレルギーが出ませんでした。

予算があって、自家製ビールを少ない料理で楽しみたい方にはいいと思います。

 

レストラン:Hoa Viên Brauhaus

Official WEBページ:https://www.hoavien.vn/

住所:18 bis/28 Nguyen Thi Minh Khai, Dakao Ward, Dist.1, HCMC, Vietnam

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

ホーチミン、若者クリエイターが凄い。【ファッションマーケットに行ってみた!】

こんにちは、中谷です。

今日は休みなのですが、たまーによくやること。

それは、若者の生態を追いかけることです。

あんまり10代20代前半のベトナム人たちと話す機会がないので、あんまり彼らの行動パターンとかが分からないんですよね。。

でもそんな今の若い人たちの層がベトナムではすごく厚いし、彼からこれからベトナムの新しい時代を作ってくわけだから、しっかり彼らから学ばないとダメ。

ということで、今日は若者が集まるところに足を踏み入れてきました!

 

アンダーグラウンドのお洒落ファッションマーケット!

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

PLAY GROUND

しばらく見ないうちに新しいマーケットができていたみたいです。

VINCOM CENTERのH&M側のエントランスのすぐ真ん前にあるので、見つけやすい!

若者ファッション系(原宿的な感じ)のおしゃれマーケットで、中は少しの外国人と、あとはほとんど大学生?のような若い人たちがショッピングを楽しんでてびっくり。

値段は大体2000円くらいあれば2着〜3着買えちゃう安さ。

ベトナムで作ってる服が多そうでした。

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

眼鏡屋もある笑

大体500円くらいです。

学生が集まるようなこういうファッション性のある店がたくさんありました。

店主も20代前半が多いんじゃないかな。

 

隣にもおしゃれビル!

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

そしてなんと先ほどのPLAY GROUNDのすぐ左隣にも、ファッション系ビルがあります!!

観光客だと、一見ただの廃ビルにしか見えないけどね、、笑

でも実はここもお洒落ショップの巣窟。

前に歩く若者について行って見ましょう。

 

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

めっちゃお洒落じゃない?この隣にVINCOM CENTERがあって、H&Mが窓から見えるんだけど、H&Mばりのキャッシャースペースじゃない?

店も生活で綺麗。大体ここは1000円〜3,500円くらいで服が買えます。

安い。。

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

他にもたくさんお店あります。

ベトナムは壁アートがどこにでもあって結構アートな国民だと思ってるんですが、この廃ビルもなかなかのお洒落さでした。

私が2年前ホーチミンに来た時は、こんなお洒落なマーケットは、Nguyen Hue通り沿いのアパートビルだけだったと思います。

最近本当にこういう若者がショッピングできるお洒落な店が増えて来たよ。

やっぱりベトナムは若者の街なので、こういうところに来るとそれが実感できるし、クリエイターをどんどん排出してるベトナムは、こういうビジネスを誰もができる環境にあるんだと思う。

私はこういうところを見ると、今の私には何ができるんだろうと毎回思わせられるし、なんでもいいからサービスや物を作って、自分で商売を作っていく人間にならないとって本当に思う。

やっぱりまだまだベトナムからは離れられないな、と思った休日でした。

 

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング