【人生2回目のニャチャン⑤:ニャチャンで有名な食堂!?】

こんにちは、カメレオンです。

今日はベトナム人の同僚に教えてもらって訪れた、ニャチャンで食べるべき!知る人ぞ知るベトナム食堂についてご紹介します!

 

前記事:【人生2回目のニャチャン④:格安往復バスでニャチャン旅行】

 

Com Ga(ベトナムチキンライス)の人気食堂『Ha Com Ga』

今回教えてもらったのは、この『Ha Com Ga』というコムガーの店。

コムガーとは、黄色のライス上に、チキンが乗っており、キャベツや香草などと食べる、ベトナムの一般食です。

(Wiki pediaでは、ベトナム風海南鶏飯と表現されていました。)

私は特にコムガーが大好きで、ホーチミンでも昼休みに食堂で食べているのですが、ニャチャンのコムガーは一味違うらしい!ということ。

よだれが滴りでそうなくらい楽しみです!

 

バターが乗った『Ha Com Ga』の コムガー

店内のメニューは様々なタイプのCom Gaがあり、チキンの種類ごとに分かれているようです。

私は一番ノーマルタイプを選びました。

 

こちらが注文の品です。

 

なんと!!

確かにホーチミンのコムガーとは違います、

バターが乗っています!!

私は味の予想が全くできないまま、チキンとライスに少しバターを絡めて食べてみました。

全くしつこくない!!

むしろ、調和して味にコクが出ているようです。

これが、一味違う、と言われる所以だと分かりました。。

 

外国人観光客が多く訪れる

『Ha Com Ga』は以外にも、ベトナム人以外の外国人観光客も数多くいました。

中国人・韓国人が特に多かったイメージでしょうか。

ニャチャンはもともと日本人観光客が少ないので、日本人は私たちだけだったように思います。

外国人が多く訪れるからか、メニューには中国語と英語が書かれてあるため、オーダーは問題なく行えます。

最後に

ニャチャンなどのリゾート地などは特に、海鮮だけが地元の料理!だと思いがちですが、、

実は、それ以外にもその土地で有名な食堂やレストランが、隠されているのだと再確認しました。

海沿いだから海鮮、と決めつけずに、現地の人や友達に、美味しいレストランを聞いて見るのも、旅の醍醐味と言えるのかもしれません。

 

食堂名:Ha Com Ga

住所:75 Ngo Gia Tu, Nha Trang

ちなみに、現地主要情報ポータルである『Kenh14』でも掲載されていました。↓ (ベトナム語)

http://kenh14.vn/doi-song/sai-gon-thu-mon-com-ga-xe-sot-bo-trung-non-dac-san-nha-trang-20130626031623693.chn

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

前記事:【人生2回目のニャチャン④:格安往復バスでニャチャン旅行】

【人生2回目のニャチャン④:格安往復バスでニャチャン旅行】

 

こんばんは、カメレオン人間です。

今回は、ニャチャン旅行で経験した ホーチミン⇄ニャチャン をバスで移動する方法を記載したいと思います!

 

 

〜今回使ったバス会社〜

※チケット予約はWEBでもできます。↓↓

行き:Sinh tourist バス

https://www.thesinhtourist.vn

 

帰り:Phuong Trang バス(FUTA バス)

https://futabus.vn/en-US

 

バスに乗る方法① 行きSinh Toursit バス

 

今回はWEBでチケットを購入した場合をご説明します。

当日、バス発車30分前までにバス会社のオフィスに向かいましょう。

今回利用したSinh Toursitsのホーチミン支社は、以下の住所でした。

住所:246 Đường Đề Thám, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh

観光中心地のDe Tham通りにあります。

Sinh Touristは長距離バス会社でも高級な方で、私たちが行った時は、外国人観光客が8割、といった感じでした。

 

オフィスに着いたら、WEBで購入した際のeチケットをカウンターで渡します。

 

Sinh Touristカウンター

 

そしたらすぐにバスチケットを発券してくれるので、バスが来る時間まで待合室で待ちましょう。

バスは時間より少し早く到着するので、乗り遅れないよう外を見ておきましょう。

 

以上、行きのバスSinh Touristバスの乗り方です。

 

 

 

 

バスに乗る方法② 帰りFUTA バス

 

では、帰りのバス、FUTAバスでの乗り方をご説明します。

 

ニャチャンでは1つしか長距離バス乗り場がありません。

ニャチャンの長距離バス乗り場の名前は、『Ben Xe Phia Nam Nha Trang』

住所:Vĩnh Trung (đường 23/10), Nha Trang, Tỉnh Khánh Hòa

GoogleMapで調べるとビーチから近い場所が出て来るのですが、こちらは間違いなので注意。

本物の『Ben Xe Phia Nam Nha Trang』は、ビーチから15分程度かかる場所に位置しています。

 

大通りをタクシーで向かうと、Ben Zeの青い看板が見えますので、ここで止まってもらいましょう。

 

 

これがバスターミナルの入り口です。

バスターミナルに着いたら、カウンターでeチケットを見せるか、チケットをその場で購入しましょう。

 

FUTAは一番右にある、オレンジに緑字で名前が書かれた会社です。

 

 

バス車内サービス

 

バスは寝台ですと、どちらの会社も座席が2段ベッドのようになっています。

 

 

 

気になるトイレ休憩ですが、FUTAバスは2時間に1回ほど、Sinh Touristバスも数時間に1回ほど(寝ていて覚えてない)あります。

昼間はトイレ休憩だと運転手さんが知らせてくれますが、夜間は乗って最初のトイレ休憩以外は、知らせてくれなかったので要注意です。

サービスとしては、満足。

掛け布団が全席ついていますし、おしぼりや水も付いてきます。

ちなみに、Sinh touristもFUTAバスも無料wifiがありました

回線が弱いかと思いきや、しっかり繋がり、Youtubeで動画をずっと見ていることも大丈夫なくらいです!

さすが無料wifi帝国ベトナムですね。

 

 

 

気をつけるべきポイント

強いて言うなら、バス下車後にタクシー運転手が群がってくることくらいでしょうか?

『どこに行くの?』

『タクシー?』

いろんな言葉が着いてそうそう飛び交います。

そういったタクシー会社のおじさんの誘いには、乗らないようにしましょう。

タクシーが必要な場合は、

Vinasunタクシー、またはMairinタクシーを使うのが無難です。

 

 

 

外国人が利用するべきバス会社は?

 

ベトナムでは外国人でも長距離バスの利用が多く、よっぽどマイナーなバス会社でない限り、英語が通じることがほとんどだと思います。

WEBで予約する際も、今回紹介した2社は英語ページが存在するため、英語さえ分かれば何不自由なくバス予約ができるでしょう。

ベトナムでは飛行機が国内でも1万円前後になります。

しかもその本数や時間も限られています。

ならば、バスを利用し都市近郊の観光地だったり、リゾート地に向かう方が、かなりお金が浮くやり方だと言えますね!

今の所バスでぼったくりに遭ったり、トラブルにあったことはありません。

ベトナム人側も、外国人利用に慣れているので心持ち安心です。

 

 

 

以上、ホーチミン⇄ニャチャンの長距離バス情報でした。

ちなみに、このバス会社は他にも様々な地域へ繋がっているので、旅行する際はとても便利です。

1年前にブンタウにいった際も、FUTAバスを利用しましたが、片道100,000VND(500円)以下でした!

その時の記事:HCMCから2時間で行けるリゾートに行って来た。【Vũng Tàu(ブンタウ)】

 

ぜひ、皆さんも使ってみてください!

 

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

【人生2回目のニャチャン②:ビーチクラブ『Sailing Club』のDJが素晴らしかった件】

こんばんは、カメレオン人間です。

先日ニャチャンのロシア料理レポートを記事に書いたのですが、今回はニャチャンの夜遊び場、ミュージッククラブについてご紹介します!

前記事:【人生2回目のニャチャン①:ロシア料理レストランが高レベルだった件】2019年1月17日

 

 

 

浜辺の上で踊る!?『Sailing Club』

今回行ったのは、浜辺に設置されている屋外クラブバー、『Sailing Club』。

 

 

なんとこのクラブ、海の真ん前に位置しDJステージと踊り場が浜辺の上にあります。

浜辺の上で靴を脱いでダンスしている人もたくさんいました。

 

客層はほとんど欧米人、というか白人。

一見ロシア人がほとんどのように思っていたのですが、話しかけられたおじさんが、ベトナムに3年住むトルコ人でした。

実際は、ロシアからの観光客だけでなく、ベトナムで仕事をしている外国人も多く訪れているのでしょう。

 

砂浜で踊る人たち笑

 

 

入場料とシステム

入場料はドリンク付き200,000VND/一人で、先払いです。

2杯目以降は追加料金になります。

クラブバーなので、踊り場以外にも同伴者と会話を楽しみながら料理を食べられるテーブル席もたくさんありました。

 

 

治安は悪くない!

正直、治安という面では観光客が集まる場所というのもあり、他のローカルクラブと比べると比較的安全です。

しかし、ここはベトナムです。

荷物は盗まれないよう十分用心する必要があります。

また、ナンパしたり触ってきたりする男性も多いですから、日本人女性は彼らに引っ張られないよう十分気をつけてください。

 

 

 

ピークな時間帯

私たちは土曜日の23時ごろに到着したのですが、既にステージから花火が吹いていたり人が集まっていたりと、盛り上がりを見せていました。

ピークは、12時過ぎくらいでしょう。シャンパンの浴びせ飲みパフォーマンス(?)はこの時間帯に行われていました。

閉店は深夜2時半ですが、盛り上がる時間帯が23~1時ごろなので、0時前には来ていたほうがガヤガヤ感を楽しむことはできると思います。

 

23時頃の様子。

 

クラブ情報:Sailing Club Nha Trang

住所: 72-74 Trần Phú, Lộc Thọ, Thành phố Nha Trang

営業時間:19:30 ~ 2:30 (月〜日)

TripAdvisorにも載ってます→ Sailing Club Nha Trang

Official WEBページ:https://www.sailingclubnhatrang.com

↓記事が役立ったと思ったら、コチラのバナーもクリック!
筆者のモチベーションへと変わります!↓

ベトナム(海外生活・情報)ランキング

 

 

次記事:【人生2回目のニャチャン③:バラエティ豊かな屋台たち】